当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

『トム・ダウド/いとしのレイラをミックスした男』という邦題はちょっと悲しい

『トム・ダウド/いとしのレイラをミックスした男』という映画が4月1日から日本でも公開されるらしい。

恥ずかしながらこの映画のことは知らなかったのだが、名プロデューサーとはいえ誰でも知るわけではない裏方さんにスポットライトがあたることを素直に喜びたいと思う。

……のだが、「いとしのレイラをミックスした男」という邦題はあんまりじゃないだろうか。確かに Derek & The Dominos のアルバムのプロデュースはバンド名義になっていることからの苦肉の策だろうが、彼はちゃんとエグゼクティブ・プロデューサーのクレジットがされているわけで、「レイラをプロデュースした男」でもよかろうに。ただのミキサーじゃねぇっての。ちなみに原題は Tom Dowd & the Language of Music で、トム・ダウド本人は2002年10月に亡くなっているので、彼の死の翌年に完成した映画ということになる。

しかし、調べてみると Amazon.co.jp では Derek & The Dominos のアルバムがエリック・クラプトン名義になっているんだな(怒)。どいつもこいつもしかるべきクレジットを与えてねぇな!

Layla

Layla

トム・ダウドというと個人的にはロッド・スチュワートのプロデューサーというイメージがあるのだが、やはり一般的に最も有名なのはデレク&ザ・ドミノスのアルバム、特に呪われた名曲「いとしのレイラ」なのだろう。予告編映像もそれを強調するつくりになっている。

先日ジョー・ペシの話を書いたが、映画『グッドフェローズ』でもレイラが使われている。皆が知るギターオリエンテッドな前半でなく、後半の優美なピアノソロ部を使ったところにスコセッシのロックオヤジ的こだわりを感じるわけだが(撮影現場でもこのパートを流していたらしい)、このピアノソロ部を書いたのはドミノスのドラマーだったジム・ゴードンである。

現在もこの曲が生み出す印税は膨大なものだが、ジム・ゴードンがその恩恵を享受することはない。70年代後半以降精神を病み、実の母親を惨殺したため現在も精神病院に収監されているためである。

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2022 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)