当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

スティーブン・キングが語る「メジャーな映画会社のホラー映画がつまらない理由」

ホラーの帝王スティーブン・キングが、結局面白いホラー映画ってほとんどが低予算で作られたやつで、大スタジオが作るホラーって外すことが多いよね、という話を書いている。

キングというとキューブリック版『シャイニング』を散々貶した後に自分が監督したのが『地獄のデビルトラック』というアホ映画だったため、「キングは映画オンチ」というのが一時期定説となってしまったが、ここでのコメントはいかにもキングらしい。

Horror is an unknown actress, perhaps the girl next door, cowering in a cabin with a knife in her hands we know she'll never be able to use.

メジャーによるホラーがつまらない理由についてもばっさり。要は理由付けというか、過剰に辻褄合わせが求められるということで、『ファンタズム』のドン・コスカレリも同じようなことを言っていたっけ。

One more problem: Big movies demand big explanations, which are usually tiresome, and big backstories, which are usually cumbersome. If a studio is going to spend $80 or $100 million in hopes of making $300 or $400 million more, they feel a need to shove WHAT IT ALL MEANS down the audience's throat.

キングがこの文章で引き合いに出しているリヴ・タイラー主演の The Strangers は日本でも公開されるのかな?

ネタ元は Digg

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2021 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)