当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

スチュアート・ブランドの『How Buildings Learn』につながる水脈

以前『Whole Earth Catalog』などの仕事を調べる過程で Stewart Brand の著書『How Buildings Learn』の名前を知ったが、BBC がこの本を題材にした番組を作り、それにブランド自身が出演しており、しかもその動画が Google Video ですべて見ることができるのは森田さんのブログを読んで知った。

しかも番組の音楽を手がけているのはブライアン・イーノとのことで、そういえばブランドとイーノの交流は Long Now Foundation まで続いているね。

そういえば市村佐登美さんの『Subject to Change』書評にも『How Buildings Learn』の名前が引き合いに出されているが、れっきとした建築の本でありながら IT 分野にも大きな影響を与えてきた本のようだ(クリストファー・アレグザンダーの「デザインパターン」を連想させる)。

そんな優れた本なら邦訳はと思うが、やはり難しかったようだ。村松潔さんによる要約を読むとすごく面白そうだが。残念だなぁ。

How Buildings Learn: What Happens After They're Built

How Buildings Learn: What Happens After They're Built

The Clock Of The Long Now: Time and Responsibility

The Clock Of The Long Now: Time and Responsibility

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2020 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)