当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

The Clash, London Calling

ここでも何度も紹介しているカバー曲専門ポッドキャスト Coverville でときどきやるロックの名盤をまるごとカバー曲で再現する企画をクラッシュの『London Calling』でやっていて(たださすがにこのアルバムの場合全曲は無理だったようだ)、調べてみたらこのロック史に残る名盤が800円台で売っていた。というわけで急遽Amazon980円劇場のはじまり。

London Calling

London Calling

本作がいかに素晴らしいかとかいまさらワタシが語るまでもないが、レゲエ、スカ、ブルース、ソウル、ロカビリーなど様々な音楽を見事に血肉化したパンクロックである。

最初聴いたときは正直暑苦しいなぁと思ったものだが(クラッシュ全般に対して)、やはりこれが彼らのアルバムで一番好きである。

今年は本作が発表されて30年になり、ジョー・ストラマーが死んで7年になるんだなぁ……

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2022 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)