当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

有名監督が自分を映画の世界に引きずり込んだ作品を語る

Geoffrey Macnab の新刊『Screen Epiphanies』の記事がもうすぐ出る。この本は現役の映画監督が、自分にとって重要な映画を語る本のようだ。

記事でいろんな監督の話が紹介されているが、個人的にはダニー・ボイルフランシス・フォード・コッポラ地獄の黙示録』(asin:B002DQQKV2)、ラース・フォン・トリアースタンリー・キューブリックの『バリー・リンドン』(asin:B001DKBJJ2)、そしてニック・パーク(ウォレスとグルミットの作者ですね)がアルフレッド・ヒッチコックの『レベッカ』(asin:B000LZ6A6W)を選んでいるのが興味深かった。

笑ったのはラース・フォン・トリアーが『バリー・リンドン』を初めて観たとき寝たことを告白していること。しかし、彼の映画におけるナレーションは『バリー・リンドン』にインスパイアされてたのね。

ネタ元は kottke.org

Screen Epiphanies: Film-makers on the films that inspired them

Screen Epiphanies: Film-makers on the films that inspired them

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2020 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)