当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

ティム・オライリーの「プラットフォームとしての政府」論文がウェブに公開されている

「ティム・オライリーの「インターネットOS」というヴィジョン」において、「OS に政府のデータはおかしいだろ」と突っ込んでいるが、ティム・オライリーGovernment As a Platform が公開されているのを知る。

screenshot

この文章は、ここでも以前紹介したオライリーから出た Open Government に収録された論文である。

ワタシも「「プラットフォームとしての政府」が意味するもの」という文章を書いており、そこでもオライリーの「プラットフォームとしての政府」論を取り上げているが、オープンガバメントの話題には興味がある。

Fumi's Travelblog(今年に入ってから特にこのブログは抜群に面白い)によると今日「日本にオープンガバメントの実現を!」というシンポジウムが開催されたようだが、この方面に興味のある人にとってこの本は重要だろうし、まずはオライリーの論文を読むことをお勧めする。

Open Government: Collaboration, Transparency, and Participation in Practice

Open Government: Collaboration, Transparency, and Participation in Practice

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2022 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)