当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

ロバート・フリップが久方ぶりのインタビューで音楽業界の死を語る

近年、公の場での演奏から引退した状態にあるロバート・フリップが珍しく(7年ぶり?)インタビューを受けている。なぜ今回 Financial Times のインタビューを受けたのか。一つは、FT Weekend がフリップが購読している唯一の新聞だから……そうすか。

自身の引退状態について、「私の人生は、インタビューを受けるのを止めてからずっと改善した」「プロのミュージシャンとしての私の人生は、無益でつまらないものだった」など、いかにもフリップなお言葉を連発していて、フリップ真理教信者のワタシは盛り上がってしまう。

インタビューは主にレコード会社(具体的にはユニバーサル)との闘争についての話が多く、彼にとってもはや音楽業界は死につつあるもののようだ。彼の音楽業界との闘争は40年以上前にデビューした頃からだが、それについては以下のように語っている。

40年経って何が変わったか? とても簡単だよ。40年前は市場経済があった。それが今日では市場社会だ。今では倫理を含むあらゆるものに値がついている。

フリップ節健在は分かったが、キング・クリムゾンの復活は期待できないですね、これは……

In the Court of the Crimson King

In the Court of the Crimson King

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2019 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)