当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

映画『ブレードランナー』の名シーンについて独立したWikipediaページが出来ていて驚いた

先日調べ物をしていて、Tears in rain soliloquy という Wikipedia ページに行き当たり驚いた。

http://upload.wikimedia.org/wikipedia/en/thumb/1/1f/Tears_In_Rain.png/320px-Tears_In_Rain.png

ページ名を直訳すれば「雨の中の涙の独白」とでもなるか(「の」が3回続いてます)。要は映画『ブレードランナー』のクライマックス、ルトガー・ハウアー演じるロイ・バッティが絶命する前に行うモノローグのシーンについて記述したページである。

ワタシはかつてSF映画史上三大泣ける場面として、このルトガー・ハウアーのモノローグ、そして『ガタカ』のラストの検尿(!)からやはり主人公のモノローグ(何度も観るうち原文を暗記してしまったほど)を挙げたことがあった。

このページによると、「そんな思い出もやがてはすべて消える。雨の中の涙のように……」というロイ・バッティの台詞は元の脚本になく、ハウアーが考えたものらしい。そしてあの場面を演じたとき、その場にいたクルーは拍手をし、泣き出した者もいたという。そうだろう、そうだろう。

ある映画自体に Wikipedia ページがあるのは今では当たり前で、映画に登場するキャラクターのページが独立して作られることも珍しくない。しかし、映画における特定の場面について Wikipedia ページが独立してできているのを見たのが初めてだったので驚いたわけだが、おそらくワタシが知らないだけで他にもあるのだろうか。

そうした例をご存知の方はコメントなりで教えていただけないだろうか。

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2022 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)