当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

カート・ヴォネガットに関する二つのニュース(『スローターハウス5』再映画化、伝記の邦訳刊行)

スローターハウス5』はジョージ・ロイ・ヒルにより既に映画化されているが、ギレルモ・デル・トロチャーリー・カウフマンという組み合わせにマジックを期待してしまい、気分が盛り上がる。

しかし、デル・トロ監督は『パシフィック・リム』の後も数作スケジュールが決まってそうで、ホントに実現するのかねとも思ってしまうが。

もう一つのニュースは、カート・ヴォネガットの死後初めて出る本格的な伝記の邦訳なり。

人生なんて、そんなものさ―カート・ヴォネガットの生涯

人生なんて、そんなものさ―カート・ヴォネガットの生涯

原題は『スローターハウス5』で繰り返されるフレーズなのだから、『そういうものだ カート・ヴォネガットの生涯』という邦題に出来なかったのか。

この本についてはやはり「荒野に向かって、吼えない…」のエントリ(の後半)が参考になるが、ヴォネガットの一般的なイメージを覆す話もあるようだ。

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2021 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)