当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

ハイ・フィデリティ

昔、青月にじむさんに「『ハイ・フィデリティ』はお前向きの作品だ」と勧められた覚えがあって、ただ原作のほうか映画のどちらを推していたのかまでは覚えていないのだが。

まぁ、主人公のヘタレさというか情けなさがワタシ向きということなのだろうが、うん、少なくとも映画は楽しめたね。

本作は中古レコード屋を営む主人公が、カメラに向かって過去(と現在)の実らなかった恋愛について語りかける構成でずっと進む。現実には本作のように華麗な女性遍歴を重ねるビニール・ジャンキーなどいないわけで、つまりは本作の主人公をワタシ自身に重ねることはなかった。

映画の性質上音楽の使い方が重要なのだけど、Love と Velvet Underground の曲の使い方が特によかった。

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2022 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)