当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

ローズマリーの赤ちゃん

ローズマリーの赤ちゃん リストア版 [Blu-ray]

ローズマリーの赤ちゃん リストア版 [Blu-ray]

考えてみればロマン・ポランスキーのこの代表作を観てなかったね、と思い至りレンタルした。

1960年代後半、ミア・ファローってこんなチャーミングだったんですね。あとチャールズ・グローディンは、この頃から映画に出てたんだな。

本作は妊娠にまつわる恐怖をテーマにしている。つまり、ミア・ファロー演じる主人公の不安や恐怖は妊娠がもたらす不安や恐怖のメタファーである、と普通観るわけですね。

だから苦闘するチャーミングな主人公を応援する気持ちで観てしまうのだが、一方で彼女の猜疑は飽くまで彼女の妄想であろう、これはどうなるのだろうと観ている側も猜疑心を抱く仕掛けになっている。

で、ラストなわけである。もちろん驚愕のエンディングといったものではないが、主人公が全力でミスリーディングしていたのにあっとなるわけですね。

あとダコタ・ハウス自体が醸し出す雰囲気がよかったですね。

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2022 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)