当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

安部公房「地球儀に住むガルシア・マルケス」に出てくるノーベル文学賞作家エリアス・カネッティのちょっといい話

こないだガブリエル・ガルシア=マルケスの訃報に接し、ガルシア=マルケスの名前は安部公房の「地球儀に住むガルシア・マルケス」を読んで知ったが、実はこの文章はガルシア=マルケスについてより、彼の前年にノーベル文学賞を受賞したエリアス・カネッティについての話のほうが面白いと書いた。

今日はちょっとそれを紹介させてもらう。ちょっと長いが「地球儀に住むガルシア・マルケス」より引用させてもらう。

偶然だけど、萩原延寿君がオクスフォードに行っていたころ、これも金がなかったから学校が終ると安いパブに行って、ビール飲んでパンでも食べていた。いつも隣り合わせに爺さんが一人いた。自分も黄色いアジア人で、孤独で、金もない。すぐその爺さんと友達になった。ずいぶん頭のいい乞食だなあと思って、試しにちょっと難しいことを言うと、向こうはそれ以上のことを知っている。名前を聞いたら、エリアス・カネッティ。さすがイギリスともなると立派な乞食がいるものだと名前は憶えていた。そしておととし、萩原君から電話があって、「カネッティという人ノーベル賞とったけど、あれどういう人かね」、「僕知らないんだ」と答えると、「僕は実は知ってるんだけど、あれは乞食だと思っていた」というできすぎた話があるくらい、孤独に耐え抜いて来た作家です。

これもノーベル賞の見識でしょうね。今はこの話を紹介しようにも、「乞食」という言葉を使うだけでアウトだろうか。

死に急ぐ鯨たち (新潮文庫)

死に急ぐ鯨たち (新潮文庫)

眩暈(めまい)

眩暈(めまい)

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2022 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)