当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

高騰する米国の教科書価格とそれに挑戦した(が挫折した)スタートアップ

アメリカの大学の教科書はバカ高いという話は前から知っており、ワタシも以前 DRM フリーで無料のデジタル教科書を提供することを目指した Flat World Knowledge というスタートアップを「オープンエデュケーションとその持続可能性」という文章を紹介したことがある(5年近く前になるのか……)。

さて、Flat World Knowledge はどうなったのかと思いきや、2012年秋に無料版の公開を止めたそうで、もはやデヴィッド・ワイリーも離れているとのこと。

うーん、「一方で少し話がうますぎるというか(ヘンな表現になりますが)筋が良すぎる気もします」というワタシの悪い予想があたってしまったのだろうか。いくら問題があるからといって、斬新な価格モデルの新規参入は難しいということか。

5年前のワタシの文章は、オープンエデュケーションの持続可能性の維持が難しい話を書いているが、事実、現在でも「無料のオンライン講座」と紹介される MOOC についてもう無料なんかじゃやっていけないというシビアな現実について書いた文章があったね。

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2022 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)