当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

ドストエフスキー『罪と罰』が刊行されて150年&米川正夫氏の訳業のパブリックドメイン化

Facebook で知ったのだが、今年の1月で、ドストエフスキーの代表作『罪と罰』がロシアで刊行されて150年になるそうな。

言われてみればそうはそうだなのだけど、150年以上前に書かれた作品が今なお世界中で読まれているてすごいよな。

罪と罰』はワタシも大好きな小説で昔これについてメモを書いたことがある……って15年前か。

さて、今年は谷崎潤一郎江戸川乱歩といった大物が死後50年経過により作品がパブリックドメインとなったことが話題になっているが、丹治吉順氏も指摘するように米川正夫の訳業がパブリックドメインになることも実は大きい。

青空文庫のページを見てみると、ドストエフスキーの五大長編の米川正夫による訳が作業中になっている。

罪と罰 上 (角川文庫)

罪と罰 上 (角川文庫)

罪と罰 下 (角川文庫)

罪と罰 下 (角川文庫)

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2020 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)