当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

ルー・リードの初期の未発表の詩集が来月出版される

ルー・リードの未発表の詩集 Do Angels Need Haircuts? が出版されるされるとのこと。確か彼は詩人としての成功を目指していた時期があり、未発表の詩はあると思っていた。

Do Angels Need Haircuts?

Do Angels Need Haircuts?

この本に収録されるのは、1970年にヴェルヴェット・アンダーグラウンドを脱退し、ソロで再デビューするまでの間、父親の弁護士事務所で働いていた時期に書かれた詩らしい。

これが今になって陽の目を見たのは、彼のパーソナル・アーカイブがニューヨーク公共図書館入りが大きかったようだ。少し前に滝本誠が、海外のクリエイターのドキュメンタリーを見るといつも感心することとして、(その人がビッグになるか分からないのに)昔の写真や映像をしっかり残しているアーカイブ精神を挙げていたが、この精神がないところに文化など根付きえないのではないか。

洋書の値段がべらぼうなので、邦訳が出てくれないかとも思うが、そういえば昨年観た映画『パターソン』の中で、永瀬正敏が「詩の翻訳はレインコートを着てシャワーを浴びるようなもの」とか言っていたっけ(笑)。

あ、amass でも記事になっていた。

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2019 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)