当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

映画『2001年宇宙の旅』本の決定版『2001:キューブリック、クラーク』が遂に発売

映画『2001年宇宙の旅』は、今年公開50周年ということで、ワタシも少し前に IMAX 版を観て、オールタイムベストの一本にも関わらず、新たな感動を体験できた。

この映画については既にいろんな本が作られているが、その決定版といえる『2001:キューブリック、クラーク』が発売になった。

2001:キューブリック、クラーク

2001:キューブリック、クラーク

600ページ超の文句なしの分量である(価格も五千円)。監修者を務めた添野知生氏のあとがきを読むだけでも多くの関係者の仕事をとらえた厚みのある本であることが分かるが、特に以下のくだりがぐっときた。

 そして、SFファンの多くが長年おそらくそうであろうと思っていた、アーサー・C・クラークセクシャリティについて、ここで明確に書かれたことも大きい。アラン・チューリングの死が、クラークがセイロンへの移住を考えるきっかけになったという証言は重く、クラークの楽天性を支えたものが何だったのか、もう一度考えたくなる。
 スタンリー・キューブリックもまた『2001年』のあと、生まれ育ったニューヨーク市と永遠に訣別してイギリスに移住した。本書を読むと、それは『2001年』のプレミア上映でニューヨークが彼にした仕打ちと無関係ではないように思える。クラークとキューブリックの物語は、やはり二人の国外移住者の物語だったのかもしれない。

https://www.hayakawabooks.com/n/na813ed5a9e22

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2019 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)