当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

RSSのデジタルAVネットへの利用、そしてその先

先日書いた RSS、BitTorrent 周りの話に書き忘れていたことがあった。実をいうと今年の夏にこの話題で一本長尺の技術コラムを書こうとしていたのだ。

きっかけは日経エレクトロニクスの以下の特集記事。

後者の特集と Discreet Blog の Torrentocracy = RSS + Bit Torrent + Your TV をほぼ同時期に読み、後者の特集(の主に第三部)のメタデータの話と BroadCatching における RSS の話を接続すれば面白い文章が書ける! と盛り上がったのだが、悲しいかな日本の放送事情に関する知識が絶対的に不足していたため手をつけられなかった。

それはともかく日経エレクトロニクスの件の特集記事は DRM 絡みの話を含め面白いので、手近にバックナンバーが読める方には一読(再読)をお勧めする。

これに近い話題を書いている人となると小寺信良さんあたりが浮かぶのだが、ウェブログRSSの方向からアプローチする人はいないのかしら。ちょうど渡辺聡の「情報化社会の航海図」に「戦場はビデオ検索技術へ」というエントリが公開されているが、自分のことを棚にあげて書かせてもらえば、ぬるいの一言。

それはさておき、RSS + BitTorrent + TV に留まらず、iPod を巻き込んで PodCasting という音楽配信に範囲を広げる動きが、小寺信良さんと津田大介さんの対談につながっているように思えて興味深いのだけど、そのように呼応する動きはちゃんとあれども、現実の日本の放送業界、音楽業界に目を向けると暗くなるんだよなぁ。

ised@glocom

なんだ、こんなはてなグループが作られていたのか。本サイトとの区別がよく分からないのだけど、ヘンな書き方になるが、はてなグループってこのように普通のウェブサイトみたく使えるのか、と今更驚いたりした。

ised議事録を起点に読んでいけばいいのだろうが、確かに研究会として共有すべき言葉をキーワードにしていけば便利だよね。

実はまだ知ったばかりで全然読んでいないのだが、あとでゆっくり読ませてもらおう。

【60年代の日本】若い人の性典【会社では閲覧注意】

BoingBoing1960s sex HOWTO manual from Japan と紹介されていたページだが、どこでこんなのを見つけてくるのだか。

「ペッティングから××」って、なんやねん××って、つーか、それより前に無駄毛を処置しなさいよ。

あと BoingBoing にもはられている絵にある「へその愛撫」だけど……わざわざへそに指入れて愛撫しますかね。60年代はへそ愛撫がトレンディだったのでしょうか。このページの英語の解説文もなかなか狂ってていい感じです。

ひみつの花園

DVDジャケット


スウィングガールズ』の感想をはてなキーワードから辿って読んでいたとき(前にも書いたが、こういうとき便利ですな)、「『ひみつの花園』の頃の笑いが戻っていた」といった矢口史靖の旧作についての言及をいくつか目にし、また主演がワタシが好きな西田尚美だったので観てみた。紛れもなく矢口史靖の映画だった(当たり前か)。

雑誌記事がパラパラマンガになる場面などこの監督らしい才気を感じるし、『スウィングガールズ』でも顕著な思い切りのよいマンガ的な省略が多用され、テンポ良く話が進む映画である。が、いくらなんでもこの映画での省略の仕方(特に後半)は横着の部類に入ると思う。どの作品も同じだと言われることもある矢口史靖であるが、本作と比べると『スウィングガールズ』は、映像作家として随分辛抱できるようになった監督による映画であることが分かる。

本作の主人公を演じる西田尚美の魅力を賞賛する人が多いが、そうかい? ワタシはむしろ、ここまで徹底してヒロインを美しくなく演じているのに驚いたし、同時に感心もした。

矢口史靖という人は、自分の映画をラブストーリーにしないと固く決めているのか、はじめからラブストーリーを撮る気がないのか、はたまた実は撮ることができないのか、それぞれ少しづつあるのだろうけど、監督の分身に近い江戸川とヒロインが自転車に二人乗りする場面はなんともよかった。

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2019 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)