当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

『もうすぐ絶滅するという開かれたウェブについて 続・情報共有の未来』への反応 その30

『もうすぐ絶滅するという開かれたウェブについて 続・情報共有の未来』だが、まったく情けないことに半月以上前に書評が公開されているのを見逃していた。

こうやって評を書いてもらえるのはありがたいことだ。

最初に読んだ解説によれば、本書は「2013年から2016年までのインターネットを巡る思想史の変遷」だという。なるほど、おもしろそうだな。一方で、解説に登場する人物の名前が半分以上わからない。なるほど、不安になるな。結果として、これはどちらも半分ずつ的中という感じで、話題の大半は興味深くておもしろいものの、登場人物や背景についての知識が十分でない場合は、話題をフォローするのが精いっぱいという章も多い。補足するまでもないが、私の知識量などに基づいた話だ。技術的な話題から政治や経済など、扱われている内容は多岐にわたる。

読書:『もうすぐ絶滅するという開かれたウェブについて 続・情報共有の未来』 | Aruhito

この後、「日本におけるインターネット思想とは何じゃろな?」という観点から書かれていて、確かにそういう視点で見ると面白いなと著者のワタシも思った。

濱野智史 は AKB 関連の新書を出して以来、一般書の舞台には降りてこないから何をやっているのか知らないが、川上量生は実業家と呼ぶのがふさわしいだろうけど、なんかよく分からんことになっている。本書には津田大介もところどころで扱われているが、こちらの方も何かと泥沼だ。なんだ日本のインターネット文化なんて、文化らしい文化が無くなっているんじゃないのという気もしてくる。日本のインターネット文化をけん引するような存在や真面目に思索する方面、そういったムーブメントはあるのか? 今、どこにあるのかしら。

読書:『もうすぐ絶滅するという開かれたウェブについて 続・情報共有の未来』 | Aruhito

川上量生の名前が出ているが、最新版に収録した付録「インターネット、プラットフォーマー、政府、ネット原住民」(既に購入済の方は、最新版に無料で更新できますよ!)では彼のことを批判的に取り上げたが、ホントみんな遠くに来てしまったよね、ちょっと遠い目になってしまう。

FBIに逮捕されたイーサリアム開発者ってWikiScannerの開発者だったのか!

土曜日に Ethereum Foundation の人間が逮捕されたというニュースを知り、なんかやたらと北朝鮮接触していたという話で、物好きもいるもんだと思っただけだったが、この手の話はこの記事の執筆者でもある星暁雄さんのツイッターを追うのが良い。

それより今回逮捕された Virgil Griffith って、WikiScanner の作者だったんだな!

ワタシがこの WikiScanner のことを連載で紹介したのが2007年9月なのだから、12年以上前(!)になる。Virgil Griffith は、これで気鋭のハッカーとして一躍有名になったわけだが、まさか FBI に逮捕されるとは。

続報が出ているが、逮捕の経緯について現時点では分かってないことも多いから決めつけはいけない。星暁雄さんの記事にもあるように、アメリカ政府は暗号技術を広める活動に厳しい態度を取ってきた歴史があることを忘れてはいけなくて、その発表だけを一面的にうのみにするのは危険である。

本文執筆時点で Ethereum Foundation Blog に本件についての情報はない。『マスタリング・イーサリアム』邦訳の刊行について少し前に書いたばかりだが、イーサリアムの名前にヘンなイメージがつかないとよいのだが。

マスタリング・イーサリアム ―スマートコントラクトとDAppの構築

マスタリング・イーサリアム ―スマートコントラクトとDAppの構築

グッデイ三代目社長になられていた柳瀬隆志さんのインタビューが面白い

ホームセンターグッデイといっても九州在住の人でないとピンとこないのかもしれないが、そんなことは関係なくグッデイ三代目社長である柳瀬隆志さんの話がとても面白いので読んでください。

実はワタシは一度この柳瀬隆志さんにお会いしたことがある。

要はファブラボ太宰府の取材で、柳瀬隆志さんがそれを手がけられたのだが、なぜか氏がワタシのことを知っていて驚いたものである。

そういうわけで、柳瀬さん、浅原P、そしてワタシの3人でしばし談笑したのですが、柳瀬さんから「そういえばyomoyomoさんって、福岡に来られた津田大介さんを村さ来に連れていったんですよね!」と言われ、ワタシは逃れられない過去の呪いに打ちひしがれ、その場で泣き崩れてしまいました。

ファブラボ太宰府に行ってきた by yomoyomo - DMM.make

この記事を書いて5年以上になるのか……またしてもちょっと遠い目になってしまうが、ファブラボ太宰府はちゃんと存続しており、柳瀬さんはグッデイ三代目社長になられ、社長自らデータサイエンティストを目指してデータドリブンな経営にまい進ってなかなかできることじゃない。

ただのイケメンではないと思っていたが、インタビューの後編も楽しみである。グッデイならできる♪

[2019年12月8日追記]:後編も公開されていた。

Pitchforkのアルバムレビューで10点満点をとったアルバムをまとめてみる

[2019年12月6日追記]:公開後、読者から2枚ニルヴァーナのアルバムが該当するのを指摘され、気になって死力を尽くして調べたところさらに12枚、合計14枚増えて、全体で118枚のラインナップに拡大した。これでも抜けがあるだろうし、今後も増えるだろうが、キリがないので追加はここまでとさせていただく。

少し前に柏野雄太さんのツイートで、Steely Danの『Aja』について Pitchfork が10点満点をつけているのを知り、そういえば Pitchfork のアルバムレビューで10点満点をとったアルバムって他にどれがあったんだっけと思った次第である。

一時期は Pitchfork のアルバムレビューで何点以上ないと聴いてもらえないとかいう話があったと記憶するが、そうした神通力はもはやなくなっているだろう。それにもう音楽の聴かれ方がアルバム単位ではなくなったというのもあるが、ワタシ自身は結構反発を覚えることも多かった Pitchfork の評価と、例えば自分の以下の評価と重なりはあるのか興味があった。

以下のサイトを調査の情報源にさせてもらったが、現時点で Pitchfork のサイトにないレビューは外させてもらった。何かの手違いで抜けがあったら指摘してください。

一応発表年の順番に並べたが、同年の場合はリリースの日にちまでは考慮していないので、そこまで正確な順番になっていないのに注意ください。

あと「備考」はワタシのアルバム100選にあったら◎、それにはないが満点で異存がないものは〇をつけている。自分用メモである。何もついてなくても、別にそのアルバムが嫌いということは必ずしもなく、満点はどうよだったり、単純に聴いたことないアルバムもちょくちょくある。

アーティスト アルバム 発表年 Pitchfork Wikipedia Amazon 備考
Glenn Gould Bach: The Goldberg Variations 1956 Pitchfork Wikipedia asin:B00005HMOV  
James Brown Live at the Apollo 1963 Pitchfork Wikipedia asin:B0001JXQ7O  
The Beatles Rubber Soul 1965 Pitchfork Wikipedia asin:B0025KVLT2
John Coltrane A Love Supreme 1965 Pitchfork Wikipedia asin:B00006K06N
Otis Redding Otis Blue: Otis Redding Sings Soul 1965 Pitchfork Wikipedia asin:B00AY1NY7G
The Beatles Revolver 1966 Pitchfork Wikipedia asin:B0025KVLTC
The Beatles Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band 1967 Pitchfork Wikipedia asin:B06WVHB7B3  
The Beatles Magical Mystery Tour 1967 Pitchfork Wikipedia asin:B0025KVLTW  
The Velvet Underground The Velvet Underground & Nico 1967 Pitchfork Wikipedia asin:B008TYGCUQ
Van Morrison Astral Weeks 1968 Pitchfork Wikipedia asin:B014RPPKSA
The Velvet Underground White Light/White Heat 1968 Pitchfork Wikipedia asin:B00FY10GB8
The Beatles The Beatles 1968 Pitchfork Wikipedia asin:B07HFZ95Z9  
Captain Beefheart and His Magic Band Trout Mask Replica 1969 Pitchfork Wikipedia asin:B000005JA8  
The Band The Band 1969 Pitchfork Wikipedia asin:B07Y97F162
Led Zeppelin Led Zeppelin II 1969 Pitchfork Wikipedia asin:B00IXHBS6M
Neil Young Everybody Knows This Is Nowhere 1969 Pitchfork Wikipedia asin:B000002KD7  
The Beatles Abbey Road 1969 Pitchfork Wikipedia asin:B07VLMMG2F
King Crimson In the Court of the Crimson King 1969 Pitchfork Wikipedia asin:B07X5GK2JJ
Neil Young After the Gold Rush 1970 Pitchfork Wikipedia asin:B001VZY4M8  
Alice Coltrane Journey in Satchidananda 1971 Pitchfork Wikipedia asin:B000024HSS  
The Rolling Stones Sticky Fingers 1971 Pitchfork Wikipedia asin:B00VIQHTEK
David Bowie Hunky Dory 1971 Pitchfork Wikipedia asin:B00GZ3RPPE  
Joni Mitchell Blue 1971 Pitchfork Wikipedia asin:B000002KBU
Can Tago Mago 1971 Pitchfork Wikipedia asin:B008BSPPYE  
Serge Gainsbourg Histoire de Melody Nelson 1971 Pitchfork Wikipedia asin:B000051YEG  
David Bowie The Rise and Fall of Ziggy Stardust and the Spiders From Mars 1972 Pitchfork Wikipedia asin:B00GZ3RPFE
Nick Drake Pink Moon 1972 Pitchfork Wikipedia asin:B00865P2UE
Roxy Music For Your Pleasure 1973 Pitchfork Wikipedia asin:B0000256KE  
Joni Mitchell Court and Spark 1974 Pitchfork Wikipedia asin:B000002GXL
Brian Eno Taking Tiger Mountain (By Strategy) 1974 Pitchfork Wikipedia asin:B000228X2I  
Bob Dylan Blood on the Tracks 1975 Pitchfork Wikipedia asin:B00IMKDXI6
Neil Young Tonight's the Night 1975 Pitchfork Wikipedia asin:B000002KCC
Led Zeppelin Physical Graffiti 1975 Pitchfork Wikipedia asin:B00RUT3D5S  
Joni Mitchell The Hissing of Summer Lawns 1975 Pitchfork Wikipedia asin:B0000262T9
Brian Eno Another Green World 1975 Pitchfork Wikipedia asin:B002DKF55K
Bruce Springsteen Born to Run 1975 Pitchfork Wikipedia asin:B00VJ288MU
Stevie Wonder Songs in the Key of Life 1976 Pitchfork Wikipedia asin:B008E008CI
Steely Dan Aja 1977 Pitchfork Wikipedia asin:B00599UGBU
David Bowie Low 1977 Pitchfork Wikipedia asin:B0794PPZ25
David Bowie "Heroes" 1977 Pitchfork Wikipedia asin:B0794RHKNN
Fleetwood Mac Rumours 1977 Pitchfork Wikipedia asin:B00B7E1XZE  
Brian Eno Before and After Science 1977 Pitchfork Wikipedia asin:B002DKF564  
Wire Pink Flag 1977 Pitchfork Wikipedia asin:B07C8Q5FKF  
Television Marquee Moon 1977 Pitchfork Wikipedia asin:B0000AI45P
Pink Floyd Animals 1977 Pitchfork Wikipedia asin:B019VQSAKA  
X-Ray Spex Germfree Adolescents 1978 Pitchfork Wikipedia asin:B000000HZL  
Steve Reich Music for 18 Musicians 1978 Pitchfork Wikipedia asin:B000026258  
Elvis Costello & The Attractions This Year's Model 1978 Pitchfork Wikipedia asin:B000OHZJKK  
Wire Chairs Missing 1978 Pitchfork Wikipedia asin:B07C8FCLQ1  
Michael Jackson Off the Wall 1979 Pitchfork Wikipedia asin:B079851WTN  
Throbbing Gristle 20 Jazz Funk Greats 1979 Pitchfork Wikipedia asin:B075184H8K  
Philip Glass Einstein on the Beach 1979 Pitchfork Wikipedia asin:B009173UBY  
Public Image Ltd Metal Box 1979 Pitchfork Wikipedia asin:B011CW5NQA
The Clash London Calling 1979 Pitchfork Wikipedia asin:B00002MVQO
Joy Division Unknown Pleasures 1979 Pitchfork Wikipedia asin:B000V7J6DO  
Talking Heads Remain in Light 1980 Pitchfork Wikipedia asin:B000002KO3
Prince Dirty Mind 1980 Pitchfork Wikipedia asin:B000002KLP  
Joy Division Closer 1980 Pitchfork Wikipedia asin:B000V7J6E8  
Glenn Branca The Ascension 1981 Pitchfork Wikipedia asin:B00009EIPG  
Bruce Springsteen Nebraska 1982 Pitchfork Wikipedia asin:B00VJ28GJK  
Prince 1999 1982 Pitchfork Wikipedia asin:B07XPL65PQ  
XTC English Settlement 1982 Pitchfork Wikipedia asin:B01HEQ3CM0  
Liquid Liquid Optimo 1983 Pitchfork Wikipedia asin:B00XPKH2LM  
R.E.M. Murmur 1983 Pitchfork Wikipedia asin:B0000073AT  
Prince & The Revolution Purple Rain 1984 Pitchfork Wikipedia asin:B000803CUC
Metallica Ride the Lightning 1984 Pitchfork Wikipedia asin:B01BUX7Z6M  
The Replacements Let It Be 1984 Pitchfork Wikipedia asin:B00006FR75  
The Smiths Hatful of Hollow 1984 Pitchfork Wikipedia asin:B007F5S1CM  
R.E.M. Reckoning 1984 Pitchfork Wikipedia asin:B0027WNRK4  
Kate Bush Hounds of Love 1985 Pitchfork Wikipedia asin:B07HPY9H3B  
Metallica Master of Puppets 1986 Pitchfork Wikipedia asin:B079P95K9J  
The Smiths The Queen Is Dead 1986 Pitchfork Wikipedia asin:B00U6DW950
Guns N' Roses Appetite for Destruction 1987 Pitchfork Wikipedia asin:B06XJ513DZ
Prince Sign o’ the Times 1987 Pitchfork Wikipedia asin:B000002LBM
Talk Talk Spirit of Eden 1988 Pitchfork Wikipedia asin:B0076WFVRC  
Pixies Surfer Rosa 1988 Pitchfork Wikipedia asin:B00005LAGO  
Public Enemy It Takes a Nation of Millions to Hold Us Back 1988 Pitchfork Wikipedia asin:B00004SRJ5
My Bloody Valentine Isn't Anything 1988 Pitchfork Wikipedia asin:B00197X1UO  
De La Soul 3 Feet High and Rising 1989 Pitchfork Wikipedia asin:B000000HHE
Beastie Boys Paul’s Boutique 1989 Pitchfork Wikipedia asin:B001NJY66Q  
Pixies Doolittle 1989 Pitchfork Wikipedia asin:B000026YFS
Galaxie 500 On Fire 1989 Pitchfork Wikipedia asin:B00377V6I8  
The Stone Roses The Stone Roses 1989 Pitchfork Wikipedia asin:B00435JLW6
The Cure Disintegration 1989 Pitchfork Wikipedia asin:B003Z0FSDQ
A Tribe Called Quest People's Instinctive Travels and the Paths of Rhythm 1990 Pitchfork Wikipedia asin:B000I2K7OY  
Public Enemy Fear of a Black Planet 1990 Pitchfork Wikipedia asin:B0000024IE
Cocteau Twins Heaven or Las Vegas 1990 Pitchfork Wikipedia asin:B00006L5PM  
Slint Spiderland 1991 Pitchfork Wikipedia asin:B0000019HU  
Talk Talk Laughing Stock 1991 Pitchfork Wikipedia asin:B000001FZK  
My Bloody Valentine Loveless 1991 Pitchfork Wikipedia asin:B00197X1V8  
Nirvana Nevermind 1991 Pitchfork Wikipedia asin:B0057GYO9K
PJ Harvey Rid of Me 1993 Pitchfork Wikipedia asin:B000001DYD  
Nirvana In Utero 1993 Pitchfork Wikipedia asin:B00E7SXNFU  
The Smashing Pumpkins Siamese Dream 1993 Pitchfork Wikipedia asin:B005MW8CWY  
Aphex Twin Selected Ambient Works Volume II 1994 Pitchfork Wikipedia asin:B072M2B3M8
Nas Illmatic 1994 Pitchfork Wikipedia asin:B0000029GA  
Hole Live Through This 1994 Pitchfork Wikipedia asin:B000003TAY  
The Notorious B.I.G. Ready to Die 1994 Pitchfork Wikipedia asin:B014Q2980U  
Weezer Weezer (Blue Album) 1994 Pitchfork Wikipedia asin:B01KBIIKMK  
Radiohead The Bends 1994 Pitchfork Wikipedia asin:B000002TQV  
Mobb Deep The Infamous 1995 Pitchfork Wikipedia asin:B000002WR5  
DJ Shadow Endtroducing... 1996 Pitchfork Wikipedia asin:B01IQK2FR6  
Weezer Pinkerton 1996 Pitchfork Wikipedia asin:B000000OVP  
Modest Mouse The Lonesome Crowded West 1997 Pitchfork Wikipedia asin:B00JVQ7RQ4  
Björk Homogenic 1997 Pitchfork Wikipedia asin:B000024U5B
Radiohead OK Computer 1997 Pitchfork Wikipedia asin:B071DTQH43
Spiritualized Ladies and Gentlemen We are Floating in Space 1997 Pitchfork Wikipedia asin:B0006SLD3O  
Elliott Smith Either/Or 1997 Pitchfork Wikipedia asin:B015NOMRTO  
Boards of Canada Music Has the Right to Children 1998 Pitchfork Wikipedia asin:B07DDPZHQB  
Neutral Milk Hotel In the Aeroplane Over the Sea 1998 Pitchfork Wikipedia asin:B0000019PA  
The Dismemberment Plan Emergency & I 1999 Pitchfork Wikipedia asin:B00005HKLC  
Bonnie “Prince” Billy I See a Darkness 1999 Pitchfork Wikipedia asin:B00000JAD4  
Ghostface Killah Supreme Clientele 2000 Pitchfork Wikipedia asin:B016QE3Z0A  
D’Angelo Voodoo 2000 Pitchfork Wikipedia asin:B00002MFCP
Radiohead Kid A 2000 Pitchfork Wikipedia asin:B073BVHMF3  
Wilco Yankee Hotel Foxtrot 2001 Pitchfork Wikipedia asin:B00P1J69U0  
...And You Will Know Us by the Trail of Dead Source Tags and Codes 2002 Pitchfork Wikipedia asin:B000065EA2  
Kanye West My Beautiful Dark Twisted Fantasy 2010 Pitchfork Wikipedia asin:B003UDP90K  

全部で104118枚? うーん、やはり何か抜けがありそうだ。なお、◎はぴったり2022枚だった。まぁ、そんなところでしょうか。

ドクター・スリープ

『シャイニング』の続編だから本作を観ようと思う人がどれだけいるか疑問だったのだが(案の定興行的には厳しいことになってるようだが)、ワタシは Netflix ドラマ「ザ・ホーンティング・オブ・ヒルハウス」の仕事を激賞したマイク・フラナガン監督作という意味で楽しみだった。

『シャイニング』において父親に殺されかけたダニー・トランスが大人になった後の話だが、前半は原作に忠実なのだろう(未読だが)。映画版『シャイニング』では、題名の「シャイニング」がほとんど何の効力も発揮しなかったのも批判されたが、本作は超能力者合戦から最後には強引に(多分原作から離れている)お化け屋敷に場所を移して化け物も合戦に加わる。半ば『シャイニング』アトラクションである。

そのようにしてマイク・フラナガンは、前半でスティーヴン・キングの『シャイニング』の意義を取り戻し、後半舞台をオーバールックホテルに移してスタンリー・キューブリックの『シャイニング』の意匠を嬉々として再現し、最後にまたボイラー室でキングの意図に添わせることで両者を和解させるという力業を成し遂げている。

そうした意味で、『シャイニング』がキングの小説で一番好きだし、キューブリックのファンでもあるワタシとしては本作が好きだ……けど、それって普通の映画ファンにアピールするかは正直全然分からないところもある。

それにしてもあの音楽と絨毯の柄を出すだけですぐに『シャイニング』だと分かるところにキューブリックの映像作家としての強さを改めて感じたが、マイク・フラナガンも『シャイニング』冒頭の空撮から、エレベーターからあれやこれやを再現していて、ちょっと人が好すぎる。しかし、あの着ぐるみが再現されてなかったのはちょっと残念だった。何かの権利関係の問題だろうか?

エンドロールで「Spectator Danny Lloyd」とあり、『シャイニング』のダニー君もカメオ出演してたんだね。

ブレイディみかこさん、八重洲本大賞、毎日出版文化賞特別賞、Yahoo!ニュース本屋大賞ノンフィクション本大賞、ブクログ大賞エッセイ・ノンフィクション部門受賞おめでとう

ブレイディみかこさんの『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』特設サイト)が、第2回八重洲本大賞第73回毎日出版文化賞特別賞Yahoo!ニュース 本屋大賞2019年ノンフィクション本大賞第7回ブクログ大賞エッセイ・ノンフィクション部門……と、いったいいくつとるんだよというくらい受賞していてめでたい。

代官山蔦屋書店の『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』の POP が著者よりワタシに捧げられているのだが(笑)、それについては以下のエントリを参照いただきたい。勝手に「友情出演」を主張するワタシの相手をしてくれてありがとうございます。

それにしても福砂屋の紙袋が再現されているのが感動的で、それだけあの制服が渡される場面がよかったということでしょう。この POP を作られた代官山蔦屋書店の宮台由美子さんもツイートされている。

ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー

ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー

ここまできたら、菊地凛子さんとケン君が親子役で共演した『ラスト・サマー』のソフト化とか実現したりして。

さて、以下は意地汚い、虎の威を借る宣伝パートである(宣伝のためにブログやってるんでね!)。

ブレイディみかこさんに「ボーナストラックの長編エッセイに泣きました」と言わしめたワタクシの『もうすぐ絶滅するという開かれたウェブについて 続・情報共有の未来』もよろしくお願いします!

テック企業が哲学者を雇うべき理由 あるいは(バイトテロの無知がもたらす予期せぬ教育的効果)

八田真行のツイート経由で知った記事だが、GoogleFacebookマイクロソフトDeepMind、OpenAI といった企業は哲学者を雇うべきと主張する記事である。なんでテック企業に哲学者が必要なのか?

この記事の著者である Tobias Rees は The Transformations of the Human プロジェクトのディレクターを務める人類学者なのだが、その彼から見るとテック企業の人間理解が現実に即していないとのこと。

それはつまり、何をもって人間は人間足るのか、人間のみが持ちうる知性とは何なのかという命題につながる。そこで人工知能(AI)や機械学習について考える場合、人間には知性があるが機械にはないとか、生物のみが意識を持ち思考や理解ができるとか、自然と人工物には明確な区別があるとか決めてかかるのは危ういわけである。むしろ、自然と人工物、人間と機械の連続性が見えてきたのではないか。

昨今の AI の進歩は遠大な哲学的問題であり、AI のラボやテック企業は、人間や我々をとりまく世界について新しい概念を生み出す哲学の研究所を持つべきなんじゃないの、というのが著者の見立てである。

まぁ、上記の著者が手がけるプロジェクトに水を引っ張りたいという思惑が間違いなくあるわけだが、philosophy + art + engineering という見出しなど狙いは分かるし、GoogleFacebook に代表されるテック企業のアルゴリズムが我々をどれだけ支配しているかというのも大分知れ渡ったし。

さて、以上の主張は、今週の日本語圏のインターネッツ界隈では、著者の意図とは少しずれた形で受容されるのかもしれない。

そう、東大バイトテロ事件の「大澤昇平」なる超新星のおかげで。

今回の自称「東大最年少准教授」の発言の何がマズかったかについては、明戸隆浩氏の「東大情報学環大澤昇平氏の差別発言について」を読んでいただくとして、その独善性の可能性を疑う批判性を持つことなくアルゴリズムに思考を委ねてしまう危険性について、当人の意図せず教育的なサンプルになったのではないだろうか。

それにしても、炎上商法の片棒を担ぐ気はないので、最初に文章を紹介した Tobias Rees の新刊を紹介してこのエントリを終わりとする。

After Ethnos

After Ethnos

After Ethnos (English Edition)

After Ethnos (English Edition)

ひっかかるところはあれどもプリンスの回顧録が無事出てよかった

この記事を読み、遅ればせながらプリンスの回顧録が刊行されているのを知った。

確かにこの記事に書かれる話は分かる。いくら生前プロジェクトが始動していたとしても、著者クレジットがプリンス一人なのはおかしいし、その共著者が白人というのも引っかかる人は多いだろう。

その死後もプリンスについての逸話についてはいろいろ聞くが、彼が黒人としての権利意識を強く持ち、同胞を empower しようとしていたことは間違いない。それならなぜという気もするのだが、彼の周りに執筆者として適切な人がいなかったというのも彼の不幸の一つなのかもしれない。

とはいえ、彼の名前がクレジットされた回顧録が刊行され、おそらくは来年には邦訳が出るだろう。その道筋がついたことはよいことだと思うわけである。

The Beautiful Ones

The Beautiful Ones

  • 作者:Prince
  • 出版社/メーカー: Spiegel & Grau
  • 発売日: 2019/10/29
  • メディア: ハードカバー

The Beautiful Ones (English Edition)

The Beautiful Ones (English Edition)

  • 作者:Prince
  • 出版社/メーカー: Spiegel & Grau
  • 発売日: 2019/10/29
  • メディア: Kindle

[2019年12月8日追記]:2020年4月に邦訳が刊行される。

プリンス回想録 The Beautiful Ones(仮)

プリンス回想録 The Beautiful Ones(仮)

  • 作者:プリンス
  • 出版社/メーカー: DU BOOKS
  • 発売日: 2020/04/21
  • メディア:

ランドール・マンローの『ホワット・イフ?』文庫化&新作『ハウ・トゥー』邦訳刊行に驚く

いやぁ、これはすごい。

xkcd でおなじみランドール・マンローの書籍第一作『ホワット・イフ?』が二分冊で文庫化されるというのもちょっとした驚きだが、彼の新作の邦訳『ハウ・トゥー』が出るというのに何より驚いた。

後者の原書については「邦訳の刊行が期待される洋書を紹介しまくることにする(2019年版)」だが、原書の刊行は今年の9月である。「これも面白そうなので来年あたり邦訳出るでしょう」とワタシは書いたが、どんなに早くとも来年の夏以降だと思っていた。

それが来年1月という、原書刊行からそんなに間を置かずに邦訳が出るということは、それだけランドール・マンローの本にセールスポテンシャルがあるとみなされているということなのだろう。

『ハウ・トゥー』の「バカバカしくて役に立たない暮らしの科学」という副題がそのあたりのカギなんでしょうかね。

ホワット・イフ? Q1: 野球のボールを光速で投げたらどうなるか (ハヤカワ文庫NF)

ホワット・イフ? Q1: 野球のボールを光速で投げたらどうなるか (ハヤカワ文庫NF)

ホワット・イフ? Q2: だんだん地球が大きくなったらどうなるか (ハヤカワ文庫NF)

ホワット・イフ? Q2: だんだん地球が大きくなったらどうなるか (ハヤカワ文庫NF)

ハウ・トゥー:バカバカしくて役に立たない暮らしの科学

ハウ・トゥー:バカバカしくて役に立たない暮らしの科学

アイリッシュマン

土曜夜に少し離れたところにあるシネコンまで車を飛ばして観た。

あと数日したら Netflix で観れるのにバカじゃないかと言われそうだが、『ROMA/ローマ』が映画館で観てすごく良かったというのもあり、監督や主演陣全員が全員70代後半、日本でいうところの後期高齢者であり、特に20年以上ぶりに実現したマーティン・スコセッシロバート・デ・ニーロの黄金コンビの新作を観れるのもこれが最後かもと思うと、やはり映画館で観ておくべきと考えた次第である。

映画館で観れることがほとんど宣伝されていない、変則的な上映作品をレイトショーで誰が観るのかと思っていたら、前列に年輩と思しき方が何人もいて、こちらは Netflix など知らん、という層だろうか。

というわけで、Netflix 配信前の映画なので、未見の方はご注意いただきたい。

マーティン・スコセッシはワタシにとってもとても大きな存在である。が、彼が得意とするマフィア映画は、ワタシにとって生理的に苦手だったりもする。何よりもいきなり銃で撃ち殺されるのが怖い、とこうやって文章にするとバカみたいだが、本当のことだから仕方がない。

この手の映画はワタシに緊張を強いるということだが、しかも本作は3時間半というベラボウな上映時間である。さらには(Netflix での配信前提なので)『ディア・ハンター』や『2001年宇宙の旅』みたいにインターミッションもない。これは神経的な疲労だけでなく、ワタシの膀胱的にも無茶としか言いようがない。膀胱がエンドゲームどころの騒ぎではない。

しかし、終わってみれば尿意など問題ではなかった。3時間半という上映時間、冗談抜きでそういうのをまったく忘れさせてくれる映画だった。見事な作品なのは間違いない。まぁ、予想通りバンバン人が撃ち殺されて、ワタシはそのたびに強張ったわけだけど、一番緊張したのは銃でなく、車のあの場面だったかな。

てらさわホークさんが、スコセッシの映画の登場人物を狂人、悪人と、彼らとの付き合いのなかで神経をすり減らす苦労人の三種に分類していたが、それに倣うなら、本作では狂人が全米トラック運転組合の委員長だったジミー・ホッファを演じるアル・パチーノ、悪人がマフィアのボスのラッセル・ブファリーノを演じるジョー・ペシ、そして苦労人が本作の主人公たるフランク・シーランを演じるロバート・デ・ニーロになる。

本作では(主に主人公に殺されなかった)登場人物についてもいちいちその最期についてキャプションが出て、それがまた見事に頭に銃弾を3発ぶちこまれたり、爆死させられたり、懲役100年くらったりと悪い奴らばかりなのだが、その中でも主人公はまぁバンバン人を殺すし、ジミー・ホッファは酒を飲まなくても狂っている。

本作でも丁寧に説明してくれるのだけど、ホッファについての事前知識があったほうが良いのは間違いない。往年の作品におけるデ・ニーロ、『グッドフェローズ』におけるジョー・ペシがそうであるように、スコセッシの映画では「狂人」がもっとも輝いており、それは本作も同様だった。アル・パチーノがホッファを演じることで、久方ぶりにスクリーンで本領を発揮してくれた。

しかも、ジミー・ホッファはホテルの同じ部屋で寝るくらい主人公のフランク・シーランを信頼していて、つまりはパチーノとデ・ニーロが全然豪華でない普通のホテルの部屋で、ベッドに腰かけて会話するところまで観れるのだ。最高じゃん。

本作の制作はかなり難航したことで知られる。スコセッシとデ・ニーロの黄金コンビがマフィアの映画を撮るのになんで制作費で苦労するの? 別に SF 映画撮るわけでもないのにと不思議だったのだが、上記の通り後期高齢者たちのキャストたちの若い頃を演じさせるための特殊効果のためと知って驚いたものだ。

それが効果を発揮しているかというと……割とどうでもよかった。結局はデ・ニーロが気張って中年期を演じているようにしか見えなかった。ワタシはデ・ニーロが、パチーノが、ペシが存分に演じる姿を観たいのだ。やはりスコセッシの映画に久方ぶりに登場のハーヴェイ・カイテルの見せ場が一つくらいしかなかったのは残念だったが、その点においてワタシが観たいものを見せてくれる映画だったのだから文句はない。

というか、いくら役者の外見を映像の特殊効果で若く見せられたとしても(ワタシはそこまで成功してないと思うが)、演出のテンポが老人仕様なのは隠しようがない。本作を観ると、MTV 世代の技法を取り入れながら真っ向勝負し、さらにはチャカチャカしたカット割りだけで主人公の麻薬中毒に観客を巻き込む演出をした『グッドフェローズ』って本当にすごい映画だったんだなと再確認したりもした。

本作と『グッドフェローズ』は違う。一緒にすんなと言われるだろう。確かにその通りだ。本作では、主人公がさんざん悪いことをやらかして逃げおおせた『グッドフェローズ』の先にある、悪いことをした奴らの老境まで描かれている。特に主人公の娘に対する悔恨は胸を迫る……と書きたいが、それほどでもない。

本作において、主人公、ラッセル・ブファリーノ、そしてジミー・ホッファの妻たちも画面に登場する時間自体はそれなりにあるのだが、彼女たちの人格が彼らに尊重される場面は皆無である(主人公の離婚と再婚など台詞一行で片付けられる)。スコセッシが意図したかは分からないが、本作もまた「有害な男らしさ」が必然的にもたらすものについての映画でもある。

なんか辛いことばかり書いてしまった。ペシとデ・ニーロが会話する場面で『ゴッドファーザー』のテーマ曲っぽい旋律が流れるはやりすぎだと思ったが(もしかしてテーマ曲そのもの?)、スコセッシが監督し、デ・ニーロが主役を張るマフィア映画の傑作をまた観ることができた。『グッドフェローズ』や『カジノ』を映画館では観なかったワタシがずっと望んできた映画を、しかもこれだけ力の入った作品をしっかり観れてワタシは満足である。ワタシの家のしょぼいテレビでも再見するつもりだ。

『もうすぐ絶滅するという開かれたウェブについて 続・情報共有の未来』への反応 その29

『もうすぐ絶滅するという開かれたウェブについて 続・情報共有の未来』だが、9月に国立国会図書館サーチに登録されている話まで書いたが、国立国会図書館オンラインに書誌詳細ページができているのに今さら気づいた。

これを見ると、東京本館と関西館の両方に収蔵されているんだね。二冊納本してくださった達人出版会に感謝である。

さて、少し前に『病理医ヤンデルのおおまじめなひとりごと』(asin:4479393196)や『症状を知り、病気を探る 病理医ヤンデル先生が「わかりやすく」語る』(asin:4796524207)などの著書で知られるヤンデルさんのツイートに『もうすぐ絶滅するという開かれたウェブについて』の名前が挙がっていて驚いた。

とても嬉しい話である。感想も書いていただけるとさらに嬉しいのだが、そこまでは期待すまい。

かげやまさん (id:algernon3141) が、『もうすぐ絶滅するという開かれたウェブについて』を参考文献に挙げてくださっている。具体的には、「テクノロジースタートアップは経済的不平等に貢献しているか?」ですね。

ワタシの本、文章が何かを考えるヒントというか材料になるなら、ワタシの文章に好意的/批判的問わず、それだけでありがたいことである。どんどん踏み石にしていただきたい。

ウィキペディアの共同創始者ジミー・ウェールズがFacebook対抗の広告のないSNSを立ち上げ

Wikipedia の共同創始者ジミー・ウェールズが、WT:Social というソーシャルネットワークサービスを立ち上げている。

今さら SNS を始めるからには、既存のサービスと違いがあるはずで、それはやはりビジネスモデルになる。Facebook などと違い、広告モデルに依存しない、というか広告自体を入れない方針を謳っている。しかし、広告なしでどうやって運営できるのか? Wikipedia と同じく寄付に頼るとのこと。

記事を読むと、これはジミー・ウェールズが一昨年フェイクニュース打倒を目指して立ち上げたクラウドファンディングのニュースサイト WikiTribune のスピンオフといえるプロジェクトのようだ。

Wikipedia の現在の成功にジミー・ウェールズという人が果たした役割はもちろんとても大きなものがあると思うが、その後は Google に対抗する検索エンジンをぶちあげたが失敗に終わるなど失敗も少なくない。ソーシャルネットワークというと10年以上前には Wikia でそちら方面に色気を見せたこともあり、ニュース分野と合わせてずっと進出したい分野だったのかもしれない。

サイトは先月から始まっているようで、既におよそ5万ユーザを集め、入会待ちが2万8人いるらしいが、当然ながら既存のビッグプレイヤーの足元にも及ばない。果たして本当にまともな競争相手になれるかというと難しいだろう。

ワタシが知る限り日本語圏で唯一このニュースを報じている Financial Times の記事の邦訳に、「当然、私が望んでいるのは5万人でも50万人でもなく、5000万人、5億人だ」というウェールズの強気な発言が引用されているが、前述の Wikipedia 後のお世辞にも成功していないプロジェクトを見ると、本当かねと思ってしまう。

ネタ元は Slashdot

Wikipediaをつくったジミー・ウェールズ (時代をきりひらくIT企業と創設者たち)

Wikipediaをつくったジミー・ウェールズ (時代をきりひらくIT企業と創設者たち)

イーサリアム本の決定版となるであろう『マスタリング・イーサリアム』邦訳がオライリーから出る

今月末に『マスタリング・イーサリアム――スマートコントラクトとDAppの構築』オライリーから刊行される。

マスタリング・イーサリアム ―スマートコントラクトとDAppの構築

マスタリング・イーサリアム ―スマートコントラクトとDAppの構築

ワタシがこれの原書を初めてブログで取り上げたのは、「邦訳の刊行が期待される洋書を紹介しまくることにする(2017年版)」で、そのときに刊行時期を「今年の秋」、つまり2017年秋と紹介していたので、邦訳出るまでえらく時間がかかったものだと思い込んでいたのだが、実はそうではない。

オライリー本家の原書紹介ページを見ると、原書が刊行されたのは2018年12月で、元々の刊行予定より一年以上遅れたことになる(なんで?)。それから一年経たずに邦訳が出るのだから、こちらはかなり頑張った部類だと思う。

『もうすぐ絶滅するという開かれたウェブについて 続・情報共有の未来』において論じられる非中央集権的、分散的なウェブを考える上でブロックチェーン技術、Ethereum が有望視されている話は「付録A インターネット、プラットフォーマー、政府、ネット原住民」にも書いている。

なんといっても著者に(ワタシも「初心者向けBitcoinガイド」を訳している)Andreas Antonopoulos と Ethereum 自体の共同創始者の一人である Gavin Wood が名前を連ねており、またこの日本語版は日本のコミュニティの全面的なバックアップによって完成したらしいので、これは日本における Ethereum 本の決定版になるのだろう。

平民金子さんの初の単著『ごろごろ、神戸。』が来月出るぞ!

かねてより告知されていた、平民金子さん(id:heimin)の待望の単著『ごろごろ、神戸。』が遂に来月発売になる。

ごろごろ、神戸。

ごろごろ、神戸。

この本は、SUUMOタウンへの寄稿「ごろごろ、神戸」、神戸市広報課のウェブサイトに掲載された連載「ごろごろ、神戸2」「ごろごろ、神戸3」を中心としながら、大幅な加筆と大量の書き下ろし原稿を含むようである。

これについて、著者の平民金子さんは以下のようにツイートしている。単なる連載の書籍化とはまったく違うという強い意志が伝わる。

「狂気の書き直しと書きおろし」という文句の後に引き合いに出すのがはばかられるが、万が一平民金子さんの連載を未読の方は、ワタシの紹介エントリを参考にとっかかりにしていただけると幸いである。

これを書いた後だが、4月に開催された平民金子展「ごろごろ、神戸。」(とトークイベント)、そして7月の岸政彦『図書室』刊行記念トークイベント「ごろごろ、大阪・神戸」にもワタシは出向いているのだが、そこで手に入れたもろもろを合わせたものともまったく違ったものになっているようで楽しみである。

平民さんと実際にお会いしたのは4月が初めてだが、ネットで知り合ってから、長らく同じ時間を別々に生きてきたそちらのほうが重要である。平民さんが書くように、それは「ようわからん関係性」としか言いようがないが、その間ワタシの中で平民さんに対する信頼が失われたことはない。

こうも書けるかもしれない。はてな文化圏から生まれた書き手は何人もいるが、『ごろごろ、神戸。』はその最後の大物の単著である、と。

日本人の「知の巨人」好きすぎ問題――書名から日本版「知の巨人」一覧をざっと挙げてみる

これ以前から思っていたことなのだが、日本人って「知の巨人」みたいに権威を祭り上げて、その人の専門分野でない領域まで意見を頼りがちなところあるよね。

さすがに「知の巨人」扱いされた人の一覧と格付けまとめまでは無理だが、その第一歩として、書名に「知の巨人」の文句があるものを人物別に集めてみた。基本的に「知の巨人」は他称なので、本の帯文にこの文句がある場合も含めてみた。ただし、条件に合っても、一冊で何人も対象になる本は(リストが発散するので)外した。

ワタシの世代では、この呼称を意識したのは立花隆あたりか。個人的には、この人が「知の巨人」っておかしいだろと思う人もいるが、そういう個人の好みはここでは置く。以下、生年順。

アイザック・ニュートン(1643-1727)

イングランドの自然哲学者、数学者、物理学者、天文学者神学者

コミック ニュートン―近代科学を築いた知の巨人 (丸善コミックス)

コミック ニュートン―近代科学を築いた知の巨人 (丸善コミックス)

荻生徂徠(1666-1728)

江戸時代中期の儒学者、思想家、文献学者。

木村蒹葭堂(1736-1802)

江戸時代中期の日本の文人画家、本草学者、蔵書家。

木村蒹葭堂―なにわ知の巨人

木村蒹葭堂―なにわ知の巨人

グスタフ・フェヒナー(1801-1887)

ドイツの物理学者、哲学者、心理学者。

生命(ゼーレ)の哲学: 知の巨人 フェヒナーの数奇なる生涯

生命(ゼーレ)の哲学: 知の巨人 フェヒナーの数奇なる生涯

横井小楠(1809-1869)

日本の武士、儒学者

南方熊楠(1867-1941)

日本の博物学者、生物学者民俗学者

南方熊楠 - 日本人の可能性の極限 (中公新書)

南方熊楠 - 日本人の可能性の極限 (中公新書)

柳田國男(1875-1962)

日本の民俗学者、官僚。

テクストとしての柳田国男―知の巨人の誕生

テクストとしての柳田国男―知の巨人の誕生

生田長江(1882-1936)

日本の評論家、翻訳家、劇作家、小説家。

知の巨人: 評伝生田長江

知の巨人: 評伝生田長江

折口信夫(1887-1953)

日本の民俗学者、国文学者、国語学者

折口信夫 - 日本の保守主義者 (中公新書)

折口信夫 - 日本の保守主義者 (中公新書)

和辻哲郎(1889-1960)

日本の哲学者、倫理学者、文化史家、日本思想史家。

アルフレッド・シュッツ(1899-1959)

オーストリア生まれの社会学者。

アルフレッド・シュッツ――他者と日常生活世界の意味を問い続けた「知の巨人」

アルフレッド・シュッツ――他者と日常生活世界の意味を問い続けた「知の巨人」

ピーター・ドラッカー(1909-2005)

オーストリア生まれの経営学者。

知の巨人 ドラッカー自伝 (日経ビジネス人文庫)

知の巨人 ドラッカー自伝 (日経ビジネス人文庫)

知の巨人ドラッカーに学ぶ21世紀型企業経営

知の巨人ドラッカーに学ぶ21世紀型企業経営

梅棹忠夫(1920-2010)

日本の生態学者、民族学者、情報学者、未来学者。

知的生産の技術とセンス ~知の巨人・梅棹忠夫に学ぶ情報活用術~ (マイナビ新書)

知的生産の技術とセンス ~知の巨人・梅棹忠夫に学ぶ情報活用術~ (マイナビ新書)

梅棹忠夫---地球時代の知の巨人 (文藝別冊)

梅棹忠夫---地球時代の知の巨人 (文藝別冊)

新・深・真 知的生産の技術―知の巨人・梅棹忠夫に学んだ市民たちの活動と進化 (コミュニティ・ブックス)

新・深・真 知的生産の技術―知の巨人・梅棹忠夫に学んだ市民たちの活動と進化 (コミュニティ・ブックス)

ドナルド・キーン(1922-2019)

アメリカ合衆国出身の日本文学者、文芸評論家。

司馬遼太郎(1923-1996)

日本の小説家、ノンフィクション作家、評論家。

吉本隆明(1924-2012)

日本の詩人、評論家。

大林太良(1929-2001)

日本の民族学者。

渡部昇一(1930-2017)

日本の英語学者、評論家。

「知の巨人」の人間学 -評伝 渡部昇一

「知の巨人」の人間学 -評伝 渡部昇一

立花隆(1940-)

日本のジャーナリスト、ノンフィクション作家、評論家。

立花隆の正体―“知の巨人”伝説を斬る

立花隆の正体―“知の巨人”伝説を斬る

荒俣宏(1947-)

日本の博物学者、図像学研究家、小説家、収集家、神秘学者、妖怪評論家、翻訳家。

橋本治(1948-2019)

日本の小説家、評論家、随筆家。

佐藤優(1960-)

日本の外交官、作家。

ニュートンから佐藤優までと書くとなんだそれはという話だが、何かしらの傾向も見えてくる。まずはっきり言えるのは、書名や帯文に「知の巨人」の文句が入るようになったのは、圧倒的に2010年代に入ってからである(上に挙げた25冊中17冊)。一方で、もっとも古い例は1994年6月1日刊行の『コミック ニュートン―近代科学を築いた知の巨人』で、これの編集者はどこまでこの文句に意識的だったのだろうか。

[追記]近藤正高さんから、「知の巨人」はそもそも南方熊楠の代名詞として言われ出したんじゃないかという指摘があった。

調べてみると、南方熊楠についても条件に合う本を見つけたので、彼もリストに加えた。

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2019 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)