当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

スティーブン・レヴィ『ハッカーズ』の25周年記念版が出る

Slashdot でも話題になっているが、スティーブン・レヴィの名著『ハッカーズ』(の原書)の25周年記念版が出るとのこと。

O'Reilly Media のページによると来月刊行されるようだが、Amazon にはまだページができてないみたい。新しく収録される文章もあるようだが、ビル・ゲイツリチャード・ストールマンティム・オライリーといった名前に並んでマーク・ザッカーバーグ(Mark Zukerberg)の名前があり、ちょっと年代飛ばしすぎじゃないかと思った(笑)

この25周年にあわせ、Wired Magazine が特集を組んでおり、スティーブン・レヴィが Geek Power: Steven Levy Revisits Tech Titans, Hackers, Idealists という本の内容を回顧し、本で描かれたハッカーたちのその後について書いている。しかし、ビル・ゲイツも白髪が目立つようになったんだね。

今の若い人たちからすると、ハッカーという言葉は Linux を中心とするオープンソースムーブメントと結びついているのかもしれないが、この本で描かれるのはそれ以前の話で、エピローグ「真性ハッカーの終焉」で若き日のストールマンが登場し、古き善きハッカー文化が死につつあったのを嘆いている。

 「ぼくは死に絶えた文化の最後の生き残りだ」と、RMSは語った。「ここがぼくの居場所だっていえるところは、もう世界のどこにもなくなってしまった。ある意味じゃ、死んだほうがましだって気がするよ」(608ページ)

しかし、実際にはそんなことはなくハッカーの逆襲が起こるのだけど。

折角だから、邦訳のほうも新装版が出るといいな。

ハッカーズ

ハッカーズ

あとレヴィの次回作は Google 本のようだ。ちょっと今更な印象。来年頭刊行予定。

In The Plex: How Google Thinks, Works, and Shapes Our Lives

In The Plex: How Google Thinks, Works, and Shapes Our Lives

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2022 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)