当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

サイモン・レイノルズの新作とナイル・ロジャースの回顧録が昨年出ていたのか

またしても David Pescovitz の文章だが、Simon Reynolds という音楽評論家の本を取り上げている。

この人の名前、以前どこかで聞いたような……と記憶を辿ったら、嶋田丈裕さん(TFJ)の文章だった(その1その2)。

そして今回調べて気付いたのだが、TFJ さんも David Pescovitz も名前を出しているレイノルズの代表作『Rip It Up And Start Again』の邦訳が2010年に出てたんだね。

ポストパンク・ジェネレーション 1978-1984

ポストパンク・ジェネレーション 1978-1984

監修、翻訳が野中モモさんじゃないか! なんで今までこの本を取り上げなかったんだ……

David Pescovitz はレイノルズの最新作『Retromania』を取り上げているのだが、これは昨年出た本なのか。ポップミュージックも歴史が長くなるにしたがって可能になった過去への耽溺というテーマはワタシも以前から気になってたところで、こっちは邦訳出ないかなぁ。

Retromania: Pop Culture's Addiction to Its Own Past

Retromania: Pop Culture's Addiction to Its Own Past

David Pescovitz がこの本から連想しているのは Chic で、Chic はワタシも大好きだ。もちろんリアルタイムなファンではないが、ナイル・ロジャースのギター、バーナード・エドワーズのベース、トニー・トンプソンのドラムの絶妙なコンビネーションは今聴いても見事である。

しかし、エドワーズもトンプソンも既に鬼籍に入っていて悲しいし、ロジャースも癌の闘病など大変だったようだが、彼には是非長生きしてほしいところ。昨年出た彼の回顧録(タイトルが実にらしい)も邦訳出てほしい。

Le Freak: An Upside Down Story of Family, Disco, and Destiny

Le Freak: An Upside Down Story of Family, Disco, and Destiny

The Very Best of Chic

The Very Best of Chic

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2020 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)