当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

「データジャーナリスト」とは具体的にはどういう人たちか?

近頃は「ビッグデータ」がすっかりバズワード化しており、その影響が各分野に及んでいる。その一つがジャーナリズムの世界で、思えばティム・バーナーズ=リー卿が「データ解析こそがジャーナリストの未来」と言って一年以上経つのね。

しかし、固定観念があると「データジャーナリスト」と言われても、それは一体データで何をする人なんだろうとイメージが湧かないだろう。

ちょうど Strata 2012瀧口範子さんが参加された感想を書いている)の開催にあわせ、O'Reilly Radar に掲載された「データジャーナリスト」へのインタビューがまとめられている。

インタビューを受けている「データジャーナリスト」たちは New York Times や Los Angeles Times といった新聞社や NPR といった放送局というよく知ったところに属しているが、その仕事は API architect であったり Daily Visualizer であったり Human Algorithm であったり、確かに旧来のジャーナリズムだけ考えていると想像もつかない職種である。

「データジャーナリスト」へのインタビューはこのエントリ公開後も続いているので、この分野に興味のある人は O'Reilly Radar を辿ってみるのがよいだろう。

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2020 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)