当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

エコノミスト誌の「2017年最優秀書籍」に『黒い迷宮──ルーシー・ブラックマン事件の真実』の著者の新刊や東田直樹の本が入る

エコノミスト誌の Books of the Year 企画だが、マイケル・ルイスの新刊のような例外を除き、見事に知らない著者の知らない本だらけで、嗚呼、オラはダメだなぁ、という気になる。

なんとか日本人であるワタシと接点のある本を探すと、2011年の東日本大震災津波被害を扱った本がリスト入りしている。

Ghosts of the Tsunami: Death and Life in Japan’s Disaster Zone

Ghosts of the Tsunami: Death and Life in Japan’s Disaster Zone

Ghosts of the Tsunami: Death and Life in Japan’s Disaster Zone (English Edition)

Ghosts of the Tsunami: Death and Life in Japan’s Disaster Zone (English Edition)

ん? この本の著者の Richard Lloyd Parry って、『黒い迷宮──ルーシー・ブラックマン事件の真実』(asin:4150505020asin:4150505039)の人か。ということは、これも邦訳出るでしょうな……と調べたら、『津波の霊たち──3・11 死と生の物語』という邦題で来月出るってよ!

津波の霊たちーー3・11 死と生の物語

津波の霊たちーー3・11 死と生の物語

あと、Naoki Higashida の『Fall Down 7 Times Get Up 8』って、東田直樹の『自閉症の僕の七転び八起き』のことか。

自閉症の僕の七転び八起き

自閉症の僕の七転び八起き

この本が話題になったのは、英訳を担当したのが『クラウド・アトラス』で知られるデイヴィッド・ミッチェルとその日本人の妻であるからなんだね。

しかし、エコノミストは東田直樹のことを「村上春樹以降、もっとも広く読まれる日本人作家になるだろう」とまで書いている。へぇ、そうかい?

あと書名を眺めていて、唯一興味が持てそうな『Everybody Lies: Big Data, New Data, and What the Internet Can Tell Us About Who We Really Are』という本について調べたら、未翻訳ブックレビューにて既に取り上げられていた。さすが! これは邦訳が出てほしいね。

Everybody Lies: Big Data, New Data, and What the Internet Can Tell Us About Who We Really Are

Everybody Lies: Big Data, New Data, and What the Internet Can Tell Us About Who We Really Are

Everybody Lies: The New York Times Bestseller (English Edition)

Everybody Lies: The New York Times Bestseller (English Edition)

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2020 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)