当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

オープンソース化されたDoom3のソースコード解析

DoomQuake といったゲームで知られる id Software は、そのゲームエンジンソースコードを、それが旧世代になったところで定期的に GPL で公開してきたが、昨年11月には Doom 3 のソースコードGitHub で公開している。

そして、それからおよそ半年経ち、そのソースコードを解析した全五部作(+ジョン・D・カーマックのインタビュー集)のページが公開された。

これは力作やね! こういう仕事が新たなプラットフォームへの移植に役立つはずだ。

思えばワタシは随分昔に「オープンソース・ゲームをプレイする」という文章を訳していて、正直恥ずかしくて訳文を読み返すことができないが、それはともかく id Software は、ゲームエンジンオープンソース化を現在まで継続してるわけで偉いよな。

ネタ元は Hacker News

DOOM3 (輸入版)

DOOM3 (輸入版)

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2020 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)