当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

アリアナ・ハフィントンが睡眠の重要性を訴える新刊を出していた

調べ物をしていて知ったのだが、ハフィントン・ポストの創始者として日本でも知られるアリアナ・ハフィントンの新刊が出てたのね。

Thrive: The Third Metric to Redefining Success and Creating a Life of Well-Being, Wisdom, and Wonder

Thrive: The Third Metric to Redefining Success and Creating a Life of Well-Being, Wisdom, and Wonder

新刊のタイトルは「繁栄」という意味で、前作『誰が中流を殺すのか アメリカが第三世界に堕ちる日』の続編かと思いきや、リベラルとしてアメリカという国に対する憂いを全面に出した前作と違い、個人の成功についての本のようだ。

ポイントは副題で掲げる Third Metric(第三の価値観)である。それは、かつて極度の疲労バーンアウトした経験が転機となり、それから睡眠時間をもっととるようにするようになったことに関係があるらしい。睡眠と成功が「第三の価値観」に密接につながっているということだ。

そのあたりが Arianna Huffington's New Book 'Thrive': Less Leaning, More Sleeping という Businessweek の記事に出ているが、このタイトルでいう leaning するよりももっと寝ろ、というのはシェリル・サンドバーグの『LEAN IN』にひっかけてるわけだ。

ただシェリル・サンドバーグも寝る時間を減らして仕事をやるのをやめているそうで、このハフィントンの本にも推薦の言葉を寄せており、二人の主張が対立するわけではないだろう。

睡眠についての主張は、TED 講演が短くまとまっているのでお勧めである。詳しく本の内容について知りたい人は、Google で行ったインタビュー形式の講演(英語字幕付き)を見るのがよかろう。

まぁ、ワタシもよいっぱりで睡眠時間は明らかに不足しているわけで、彼女に見習わないといけないわけだが――

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2022 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)