当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

2014年の映画をふりかえる

毎年恒例だが、空中キャンプの「2014年の映画をふりかえる」に今年も回答させてもらった。

いずれ空中キャンプにも掲載されるだろうが、ワタシの回答は以下の通り。

2014年に公開された映画でよかったものを3つ選んでください

  1. ウルフ・オブ・ウォールストリート
  2. ビフォア・ミッドナイト
  3. インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌

1位と2位は文句なしだが、3位が『グランド・ブダペスト・ホテル』などいくつも候補があり、かなり迷った。『6才のボクが、大人になるまで。』にするとリチャード・リンクレイターの映画2本になってしまうこと、『ゴーン・ガール』はついこないだ観たばかりで躊躇した面がある。

選んだ3本の映画のなかで、印象に残っている場面をひとつ教えてください

ウルフ・オブ・ウォールストリート』において、司直の手が入ることを回避するために主人公が社長退任を社員の前で発表するも、話しているうちにどうにも興奮が止まらなくなり前言撤回する場面が、映画ならではの価値観の転倒をなしえており楽しかったです。

今年いちばんよかったなと思う役者さんは誰ですか

普通に考えれば、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』、『ダラス・バイヤーズクラブ』、そして『インターステラー』のマシュー・マコノヘイになるはずですが、ここは一つ『誰よりも狙われた男』フィリップ・シーモア・ホフマンでお願いします。理由は、今年彼を選ばないと、おそらくもう二度と彼を選べないからです(涙)。

今年映画を見ていて感じたこと、たのしかったことなどについて自由に書いてください

今年は25本の新作映画を映画館で観ることができ、そうした意味では充実した映画生活と言えると思いますが、日ごろの寝不足や疲労が災いして、映画を観ながら睡魔を感じることが何度かあり、そのたびにいろいろな意味で情けなった年でもありました。

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2022 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)