当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

世界にひとつのプレイブック

観ようと思っていたらアカデミー賞ジェニファー・ローレンスが主演女優賞をとり、こりゃカップル客が多くなるなとひるんでいるうちに上映が終わってしまっていた映画である。

機内放送で観ることができたのだが、うっかり吹き替え版を観てしまい、ブラッドレイ・クーパーとロバート・デ・ニーロの声がイメージと違いすぎてちょっとイライラした。

映画としては、二人の男女が知り合い、お互いへの愛を確かめるまでの、いまどき珍しいくらいシンプルなラブストーリーである。それを感情を抑えることができない監督(脚本も)のデヴィッド・O・ラッセルの贖罪意識が覆っている形である。

いまやブラッドレイ・クーパーは当代一のセクシー男優なのだが、その相手役たるジェニファー・ローレンスがまったく美しくなくてちょっとびっくりした。彼女の出た映画を観るのが初めてなので他ではどうか知らないが、見事に美しくない。

のだが、最後のダンスのシーンになると、そんな彼女がすごく魅力的なのだ。これにはさすがと思った。

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2022 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)