当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

最近のモンティ・パイソン関連のニュース

パイソンズとも非常にゆかりの深いデヴィッド・フロスト卿が亡くなった。テリー・ギリアムを除くメンバー5人が最初に顔を合わせたのが彼の「フロスト・レポート」だったのだが、せっかくなので小林恭子さんが書かないフロストの一面について、過去ログから引用させてもらう。

モンティ・パイソンに「ティミー・ウィリアムスのコーヒータイム」というスケッチがある。エリック・アイドルが演じる、愛想は良いがひたすら自己中心的で軽薄で自己宣伝にしか興味がない業界人ティミー・ウィリアムスのモデルは、本作の主人公デヴィッド・フロストである。

フロストはそのアイドル、グレアム・チャップマンジョン・クリーズといったケンブリッジ派の先輩筋にあたり、実際若き彼らを自分の番組で起用しているが、その後輩達がモンティ・パイソンとしてイケるとみるや、フロストはクリーズに電話をかけ、「今から僕もパイソンズに加わりたいんだけど、もちろんOKだよね?」と擦り寄ったという。それに対してクリーズは "No! Piss off!" と言い放ったそうだ(出典:モンティ・パイソン大全 (映画秘宝コレクション))。

自分を取り立ててくれた先輩に対して断固とした態度をとったクリーズ先生は偉いが、「出世の手段にコメディを利用した人」と評価されるフロストという人をよく表したエピソードである。

『フロスト×ニクソン』 〜 成功に執着した二人を分けたもの - YAMDAS現更新履歴

さて、今回の訃報を受け、クリーズ先生は "I was very, very sad to hear of David's death. I had known him for 52 years and I was extraordinarily fond of him." と語っていて、上記の逸話を踏まえると、本当に感動的である。これは嫌味でなく、コメディアンとしてはどうであれ、それだけフロストのなした仕事が大きかったということだ。

[追記]エリック・アイドルも、サタデイ・ナイト・ライブでフロストのニクソンインタビューをパロディにした後、フロストにばったり会ったとき、「お前の物真似大好きだよ!」とフロストに言われた話をツイートしている。そういう度量のあった人だった。

そういえばその晩年、フロストがアルジャジーラの番組を司会し、そこにマイケル・ペイリンがゲスト出演しているのを見たときは不思議な気持ちになったものだ。

マイケル・ペイリン第一次世界大戦時代を描く BBC のドラマに出演するとのことで、彼のテレビドラマ出演はおよそ20年ぶりだそうだが、あなた旅行番組を除く映画やテレビからの引退を表明してませんでしたっけ? 折角なんでまた映画にも出演してほしいところだ。

もう一つマイケル・ペイリンの話題だが、Spamalot(まだ続いてるんだ!)において神の役を演じるとのこと。しかし、以前はジョン・クリーズが神の声をやっていて、エリック・アイドルに降ろされて二人の関係が悪化したんだったよな。これはアイドルによる他のメンバー懐柔策か?

[追記]:……と思ったら、エリック・アイドルのツイートをみるとエリックとジョンは仲直りした模様。よかった、よかった。

ここでも何度も取り上げているグレアム・チャップマンの偽自伝映画だが、来年のディスク化の前に劇場公開もやるらしい。ワタシが住む街でやってくれなさそうなのが残念だが……。

最後はなんといってもテリー・ギリアムの新作『The Zero Theorem』である。

ベネチア国際映画祭でプレミア上映され、早速批評が出ている。本人は『未来世紀ブラジル』の21世紀版と語っていて、ワタシが観たクリストフ・ヴァルツが出てる映画がどれも良いのでどうしても期待してしまうが、近作に比べれば大分戻ってきているものの、『未来世紀ブラジル』の夢再びとはいかないかも。

YouTube の公式チャンネルに映画からのクリップが公開されている。

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2022 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)