当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

史上最高に美しい映画を10本選ぶなら

kottke.orgBoing Boing で取り上げられているが、史上最高に美しい映画を10本選ぶなら果たして何が入るか。

「8 Bit Cinema」シリーズでもおなじみの Cinefix が選んでいる。

この動画ではいろんな映画に言及しているが、とにかくトップ10は以下の通り。

  1. Ron Fricke『SAMSARA』(asin:B008N9AAQ4
  2. テレンス・マリックツリー・オブ・ライフ』(asin:B00AH85RFS
  3. デヴィッド・リーンアラビアのロレンス』(asin:B00BUBZXIM
  4. チャン・イーモウ『HERO』(asin:B00BG54QAI
  5. ターセム・シン落下の王国』(asin:B001KUP8WE
  6. ベルナルド・ベルトルッチ暗殺の森』(asin:B007RSUTKO
  7. スタンリー・キューブリック2001年宇宙の旅』(asin:B00IIY9ISK
  8. オーソン・ウェルズ市民ケーン』(asin:B00XUGSBVG
  9. ウディ・アレン『マンハッタン』(asin:B00JP33S3O
  10. アレクサンドル・ソクーロフ『エルミタージュ幻想』asin:B0000AJG7Q

1位など映画の存在自体知らなかったぞ(リンクしたディスクは輸入盤なのに注意)。他にも恥ずかしながら観たことのない映画がいくつもあるね。

ワタシが選ぶなら、一部上のリストと(撮影)監督が重なるが、以下の作品を入れるだろう。

さて、あなたは「美しい映画」と言われて何を思い浮かべるだろうか。

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2021 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)