当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

「史上最高の本リスト」をいろんな切り口で知ることができるサイト

Boing Boing 経由で James Wallace Harris の「遂に『戦争と平和』を読み終えた――が、それをお勧めできるか?」を読んでいて、The Greatest Books というサイトを知った。

thegreatestbooks.org

このサイトは、本文執筆時点で129ものブックリストを集計したサイトで、要は「史上最高な本」リストのサイトということですね。そのリストは例えば、米アマゾン選定「一生のうちに読むべき100冊」リスト英アマゾン編集者選定「一生のうちに読むべき100冊」リストGuardian が選ぶ21世紀最高の本リストを含むわけだが、その129ものリストをすべて平等に扱っているわけではないようだ。ともかくこのサイトにおける集計によると、「史上最高の本(フィクション)」上位20作は以下のようになる。

  1. マルセル・プルースト失われた時を求めて』(asin:4087529258asin:B074CHX7X5
  2. ジェイムズ・ジョイスユリシーズ』(asin:4087529215
  3. ミゲル・デ・セルバンテスドン・キホーテ』(asin:4002010589
  4. ガブリエル・ガルシア=マルケス百年の孤独』(asin:4105090119
  5. F・スコット・フィッツジェラルドグレート・ギャツビー』(asin:4124035047asin:B00CM2DABA
  6. ハーマン・メルヴィル白鯨』(asin:4041031958asin:4041031966asin:B075TFDLX6
  7. レフ・トルストイ戦争と平和』(asin:4334754171asin:4334754252asin:4334754325asin:4334754384
  8. ウィリアム・シェイクスピアハムレット』(asin:4480033017asin:B00E5XAZWQ
  9. ホメーロスオデュッセイア』(asin:4003210247asin:4003210255asin:B075SMZJBN
  10. ギュスターヴ・フローベールボヴァリー夫人』(asin:4102085025asin:B017R193GG
  11. ダンテ・アリギエーリ『神曲』(asin:4087529193asin:B074CKFNRF
  12. ウラジーミル・ナボコフロリータ』(asin:4102105026
  13. フョードル・ドストエフスキーカラマーゾフの兄弟』(asin:B075GKZQMYasin:B075TRL2GZ
  14. フョードル・ドストエフスキー罪と罰』(asin:4334751687asin:4334751733asin:4334751849asin:B07W5K2LD8
  15. エミリー・ブロンテ嵐が丘』(asin:410209704Xasin:B00DOT4WFI
  16. J・D・サリンジャーライ麦畑でつかまえて』(asin:4560070512asin:4560090009
  17. ジェイン・オースティン高慢と偏見』(asin:4122065062asin:B079BF6KGF
  18. マーク・トウェインハックルベリー・フィンの冒険』(asin:4327492019asin:4042142060asin:B00KVDARDG
  19. レフ・トルストイアンナ・カレーニナ』(asin:4102060014asin:4102060030asin:B075T5BGK4
  20. ルイス・キャロル不思議の国のアリス』(asin:4042118038asin:B01914HLHK

かつてサマセット・モームが選んだ世界の十大小説では6作が(も?/しか?)リスト入りしてますな。

ジュブナイルとか映画やコミック版でなく、ご本尊をちゃんと読み通したことがあるとなると、ワタシの場合、恥ずかしながら『グレート・ギャツビー』、『カラマーゾフの兄弟』、『罪と罰』だけになっちゃう(Amazon を検索していて、『百年の孤独』を2007年に買ったまま積読なのが判明してしまった。早く手をつけないと死ぬまでに間に合わない)。

このサイトの面白いところは、フィクションとノンフィクション、年代、言語の条件フィルタをかけることができること。

例えば、2000年以降を選択すれば、だいたい21世紀文学最高の本が分かるわけだ。そのトップ10は以下の通り。

  1. イアン・マキューアン贖罪』(asin:4102157255
  2. ゼイディー・スミス『ホワイト・ティース』(asin:4105900234asin:4105900242
  3. ジョナサン・フランゼン『コレクションズ』(asin:4151200649asin:4151200657
  4. ジュノ・ディアズ『オスカー・ワオの短く凄まじい人生』(asin:4105900897
  5. W・G・ゼーバルトアウステルリッツ』(asin:4560097488asin:B08J2SHRYR
  6. ロベルト・ボラーニョ『2666』(asin:4560092613
  7. コーマック・マッカーシーザ・ロード』(asin:4151200606
  8. マイケル・シェイボン『カヴァリエ&クレイの驚くべき冒険』(asin:4152083794
  9. ジェフリー・ユージェニデスミドルセックス』(asin:4152085541
  10. カズオ・イシグロわたしを離さないで』(asin:4151200517asin:B009DEMBO2

このリストでは『贖罪』と『わたしを離さないで』だけ読んでいることになる。

こういう評価も変わっていくのに注意が必要で、例えば、上記のリストで4位に入っている『オスカー・ワオの短く凄まじい人生』は、「なぜカニエ・ウェストは人種差別的な小説に惹かれた? 現代アメリカ文学が描く“時代”を気鋭研究者が徹底分析!」で青木耕平氏も語っている理由で、遺憾ながら今後作られるこの手のリストに入らなくなるだろう。

さて、言語のフィルタは日本語も選択可能で、以下がこのサイト集計での日本文学トップ10ということになる。

  1. 紫式部源氏物語』(asin:4309875009asin:B07H7FH3R7asin:B07ZNT2Q1Fasin:B0897H1GJL
  2. 村上春樹ねじまき鳥クロニクル』(asin:4101001413asin:4101001421asin:410100143Xasin:B08N5YFJB1
  3. 三島由紀夫金閣寺』(asin:4101050457asin:B08RYB1MMD
  4. 谷崎潤一郎『蓼喰ふ虫』(asin:4101005079asin:B00DOT55Y0
  5. 谷崎潤一郎細雪』(asin:412200991Xasin:B0767979LM
  6. 夏目漱石『こころ』(asin:4101010137asin:B009IXKPVY
  7. 芥川龍之介『Rashomon and Seventeen Other Stories』(「羅生門」、「藪の中」、「鼻」、「蜘蛛の糸」、「地獄変」、「歯車」などを収録し、村上春樹がイントロダクションを書いている)
  8. 川端康成千羽鶴』(asin:4101001235asin:B00D3WJ4AY
  9. 村上春樹1Q84』(asin:B00871PYUKasin:B08N5W8BK1
  10. 村上春樹ノルウェイの森』(asin:B0047T7QXOasin:B07KVTV42B

うーん……村上春樹強し、というか現役の作家では長らく彼しかまともに日本文学で読まれなかったということだろうか。しかし、谷崎潤一郎では『蓼喰う虫』が一番上なんだ。

ここでは紹介しなかったノンフィクションなど、他の切り口でも楽しめるだろう。

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2020 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)