当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

ジョン・レノンの最後の日々(とマーク・チャップマン)を描く伝記の邦訳が出る

トランネットのオーディション課題概要に面白そうな本が入っている。一目見て分かるが、ジョン・レノンの伝記本である。

ジョン・レノンの伝記なら既にいくらでもあるが、本書の場合、著者に小説の総売り上げ発行部数が3億部をこえるというベストセラー作家のジェイムズ・パタースンというビッグネームが名前を連ねているのが目を惹く。

しかも、書名から分かるように、この本はジョン・レノンの最後の日々を扱ったものらしい。

さらに、章の合間には丹念に追ったMark David Chapmanの3日間の行動がはさみこまれるという独特の形式だ。John LennonとMark David Chapman、ふたつの流れがひとつの点に向かって進み、遂には出合う、一種スリリングな組立てが絶妙である。

オーディション課題概要

これはかなりスリリングな読み物になりそうだ。

しかし、この書名はちょっとどうかと思うところがあり、実はほぼ同名の本が既にあるんですね。フレデリック・ラインハルト・シーマンの『ジョンレノン 最後の日々』(asin:440170116X)である。

この本の刊行により守秘義務を違反した、またレノンの家族の写真の所有権をめぐって著者のシーマンはヨーコ・オノに訴えられており、ヨーコ・オノが勝訴している

ベストセラー作家を担ぎ出すくらいだから、こちらはその種の遺族とのトラブルはないと思うが、マーク・チャップマンがどう描かれているのかは少し気になるところ。

The Last Days of John Lennon

The Last Days of John Lennon

そうそう、ジョン・レノンと言えば、アルバム Plastic Ono Band(邦題:ジョンの魂)の8枚組ボックスセットというすごいボリュームのものが出ているね。

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2021 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)