当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

邦訳の刊行が期待される洋書を紹介しまくることにする(2019年版)

私的ゴールデンウィーク恒例企画である「邦訳の刊行が期待される洋書を紹介しまくることにする」なので説明は省略……しようと思ったが、考えてみればワタシのブログを昔から読んでいる人ばかりではないのだから、この毎年一度やってるこの企画を辿りやすいように、「洋書紹介特集」というカテゴリーを新たに作っておいた。

2011年から毎年やっているので、今回で9回目になる。『もうすぐ絶滅するという開かれたウェブについて 続・情報共有の未来』のプロモーションもそろそろ終わりなので、つまりは本ブログは再び無期限休止状態に戻る。おそらくは来年10回目はなく、今回で最後になるのではないか。

だからというわけではないが、今回は35冊をこえるかなりのボリュームになった。洋書を紹介しても誰も買わないので、アフィリエイト収入にはまったくつながらないのだが、誰かの何かしらの参考になればと思う。

実は既に邦訳が出ている本を紹介していたり、邦訳の来るべき刊行情報をご存知の方はコメントなりで教えてください。

Virginia Eubanks『Automating Inequality: How High-tech Tools Profile, Police, and Punish the Poor』

アルゴリズム(昨今の一般的な用法に則れば AI と置き換えてよいだろう)が不平等を自動化し、格差社会を助長する問題をいちはやく訴えた本である。キャシー・オニールの本の邦訳は出たけど、こっちも邦訳が出てほしかったんだがな。

Automating Inequality: How High-tech Tools Profile, Police, and Punish the Poor

Automating Inequality: How High-tech Tools Profile, Police, and Punish the Poor

Automating Inequality: How High-Tech Tools Profile, Police, and Punish the Poor (English Edition)

Automating Inequality: How High-Tech Tools Profile, Police, and Punish the Poor (English Edition)

デヴィッド・グレーバー(David Graeber)『Bullshit Jobs: A Theory

本田圭佑のお気に入りの本らしい『負債論 貨幣と暴力の5000年』(asin:475310334X)も話題だからこれの邦訳も今年あたり出るに違いないが、それにしても「Bullshit Jobs」というタイトルが何よりインパクトがあって秀逸だし、クソどうでもいい仕事に忙殺される一方で、介護職など本当に意味ある仕事の賃金が低いことの矛盾を突いているように思うのよ。

Bullshit Jobs: The Rise of Pointless Work, and What We Can Do About It

Bullshit Jobs: The Rise of Pointless Work, and What We Can Do About It

Bullshit Jobs: A Theory (English Edition)

Bullshit Jobs: A Theory (English Edition)

[2019年5月6日追記]:本書の邦訳が岩波書店から年末刊行予定との情報を Ryutaro Nakagawa さんよりいただきました。

Shoshana Zuboff『The Age of Surveillance Capitalism: The Fight for a Human Future at the New Frontier of Power』

これも「監視資本主義」というフレーズがあまりに秀逸で、これは邦訳が出るに違いない。主に GoogleFacebook によって完成されたものが民主主義を脅かしているという問題意識が、一連の書籍に共通しているわけである。

The Age of Surveillance Capitalism: The Fight for a Human Future at the New Frontier of Power

The Age of Surveillance Capitalism: The Fight for a Human Future at the New Frontier of Power

Primavera De Filippi、Aaron Wright『Blockchain and the Law: The Rule of Code』

ブロックチェーン絡みの書籍もかなーり出ているが、法律との関係という切り口は面白いので、まだ邦訳を出す余地があると思うのである。

Blockchain and the Law: The Rule of Code

Blockchain and the Law: The Rule of Code

Blockchain and the Law: The Rule of Code (English Edition)

Blockchain and the Law: The Rule of Code (English Edition)

[2019年5月6日追記]Satoshi Narihara さんによると、本書の邦訳が刊行予定とのことです。

ローレンス・レッシグの三冊の新刊

まずは昨年秋に出た『America, Compromised』だけど、アメリカの民主主義の危機についての本である。

America, Compromised (Randy L. and Melvin R. Berlin Family Lectures)

America, Compromised (Randy L. and Melvin R. Berlin Family Lectures)

America, Compromised

America, Compromised

続いて、今年出る2冊だが、特に『They Don't Represent Us: Reclaiming Our Democracy』のほうは邦訳出ないものかと思う。けど、難しいんだろうな。

Fidelity & Constraint: How the Supreme Court Has Read the American Constitution

Fidelity & Constraint: How the Supreme Court Has Read the American Constitution

They Don't Represent Us: Reclaiming Our Democracy

They Don't Represent Us: Reclaiming Our Democracy

They Don't Represent Us: Reclaiming Our Democracy (English Edition)

They Don't Represent Us: Reclaiming Our Democracy (English Edition)

ティム・ウー(Tim Wu)『The Curse of Bigness: Antitrust in the New Gilded Age』

2018年は、GAFA に代表されるプラットフォーム企業について、もういい加減野放しにはできないよねという合意が広がってきた年だと思うが、そこで独占禁止法に基づく分割まで踏み込んだのがティム・ウーである。今頃になって目指せ GAFA 的な周回遅れの議論をやってる日本にも、この本の邦訳は価値があると思うんだがどうだろう。

The Curse of Bigness: Antitrust in the New Gilded Age

The Curse of Bigness: Antitrust in the New Gilded Age

John CarreyrouBad Blood: Secrets and Lies in a Silicon Valley Startup

エリザベス・ホームズについては、ドキュメンタリー映画 The Inventor: Out for Blood in Silicon Valley が公開され、Hulu でドラマ化が決まり、何よりこの本を原作とし、アダム・マッケイが監督し、ジェニファー・ローレンスがエリザベス・ホームズを演じる映画化の話が出ているというのに、なんでこの本の邦訳が出ないわけ? おかしいでしょ! よほど権利料が高いとか事情でもあるのかしら。

Bad Blood: Secrets and Lies in a Silicon Valley Startup

Bad Blood: Secrets and Lies in a Silicon Valley Startup

Bad Blood: Secrets and Lies in a Silicon Valley Startup (English Edition)

Bad Blood: Secrets and Lies in a Silicon Valley Startup (English Edition)

スタンリー・キューブリック『Stanley Kubrick Photographs: Through a Different Lens』

昨年は生誕90周年記念、『2001年宇宙の旅』公開50周年記念ということで、ワタシも『2001年宇宙の旅』の IMAX 版を観たし、今年に入って『2001年宇宙の旅』本の決定版『2001:キューブリック、クラーク』が発売されたりもしたが、有名になる前に写真家だった時代のキューブリックの写真を集めたこの本も面白いと思うのよね。

Stanley Kubrick Photographs: Through a Different Lens

Stanley Kubrick Photographs: Through a Different Lens

Noam Cohen『The Know-It-Alls: The Rise of Silicon Valley as a Political Powerhouse and Social Wrecking Ball』

本ブログでこの本を最初に取り上げたのは2018年のはじめであり、今さらではあるのだけど、ペーパーバック版の Oculus を装着したマーク・ザッカーバーグの上に「知ったかぶり」という書名が掲げられる表紙が強烈で、シリコンバレーの政治との関わりについての本の邦訳もやはり必要だよなと思う次第である。

本書の著者は、最近では「「WikiLeaks」を生み出した男、ジュリアン・アサンジの逮捕から見えてきたこと」という記事を書いている。

The Know-It-Alls: The Rise of Silicon Valley as a Political Powerhouse and Social Wrecking Ball

The Know-It-Alls: The Rise of Silicon Valley as a Political Powerhouse and Social Wrecking Ball

Kai-Fu Lee『AI Superpowers: China, Silicon Valley, and the New World Order

データこそデジタル情報社会における石油という話はよく言われ、これからの AI 時代、データをやりたいように集めて実装できる中国こそ AI 超大国になるという見立ては自然な流れである。AppleマイクロソフトGoogleアメリカを代表するテック企業で要職を務めた経験がある中国人の有識者である著者の考えは、AI 超大国としての中国を考える上で必読であり、邦訳が出ないといかんでしょう。

AI Superpowers (International Edition): China, Silicon Valley, and the New World Order

AI Superpowers (International Edition): China, Silicon Valley, and the New World Order

AI Superpowers: China, Silicon Valley, and the New World Order (English Edition)

AI Superpowers: China, Silicon Valley, and the New World Order (English Edition)

Michael DiamondAdam HorovitzBeastie Boys Book』

書籍の公式サイトビースティ・ボーイズくらいのビッグネームになれば、既にどこかの版元が権利を購入済で、回顧録の邦訳もいずれ出るとは思うが、よろしくお願いしますよ。

Beastie Boys Book

Beastie Boys Book

Beastie Boys Book (English Edition)

Beastie Boys Book (English Edition)

Anita SarkeesianHistory vs Women: The Defiant Lives That They Don't Want You To Know

『世界を変えた50人の女性科学者たち』(asin:442240038X)や『世界と科学を変えた52人の女性たち』(asin:4791771095)といった趣旨が近い本が昨年2冊出ているので難しいかもしれないが、昨年こうした本の邦訳が何冊も出たということ自体が重要だろう(そして、いずれも邦訳であり、日本独自の企画ではないという点も)。

History vs Women: The Defiant Lives That They Don't Want You to Know

History vs Women: The Defiant Lives That They Don't Want You to Know

History vs Women: The Defiant Lives that They Don't Want You to Know (English Edition)

History vs Women: The Defiant Lives that They Don't Want You to Know (English Edition)

Ian Haydn Smith『Selling the Movie: The Art of the Film Poster』

トランネットのオーディション課題になった本なのだから、じきに邦訳は出るに違いないが、いずれにしても「ポスターのデザイナー、スタイルの変遷、政治とイデオロギーの影響、商業がポスターの発展に果たした役割など、ポスターを通して様々な面から映画産業の歴史をひも解く」って面白そうじゃないの。

そういえば、この本の著者が編集に名を連ねる 1001 Movies You Must See Before You Die シリーズの新版(asin:1438050755)が今秋出るね。

Selling the Movie: The Art of the Film Poster

Selling the Movie: The Art of the Film Poster

ヨハイ・ベンクラー(Yochai Benkler)、Robert Farris、Hal Roberts『Network Propaganda: Manipulation, Disinformation, and Radicalization in American Politics』

ヨハイ・ベンクラーの新刊のテーマが、「アメリカ政治における情報操作、デマ、尖鋭化」という非常にトピカルなものなのが逆に意外というか新鮮だった。

共著者一同が講演し、パネルディスカッションを行う動画が公開されているので参考まで。

Network Propaganda: Manipulation, Disinformation, and Radicalization in American Politics

Network Propaganda: Manipulation, Disinformation, and Radicalization in American Politics

Mariya Yao、Adelyn Zhou、Marlene Jia『Applied Artificial Intelligence: A Handbook For Business Leaders』

書籍の公式サイト。もっとも重要な AI 研究論文トップ10を要約して紹介という試みもそうだが、書籍のほうもビジネスリーダー向けの AI 指南書というのもうまいビジネスなんでしょうな。

Applied Artificial Intelligence: A Handbook For Business Leaders

Applied Artificial Intelligence: A Handbook For Business Leaders

Applied Artificial Intelligence: A Handbook For Business Leaders (English Edition)

Applied Artificial Intelligence: A Handbook For Business Leaders (English Edition)

マーティン・フォード(Martin Ford)『Architects of Intelligence: The truth about AI from the people building it』

書籍の公式サイト。『テクノロジーが雇用の75%を奪う』(asin:4023313661)や『ロボットの脅威 人の仕事がなくなる日』(asin:4532198615)といった AI やロボットに関する著書のある著者だから、AI 分野の重要人物へのインタビューをまとめた本も成り立つのだろうし、これは日経あたりから今年中に邦訳が出るのを期待してしまいますな。

Architects of Intelligence: The truth about AI from the people building it

Architects of Intelligence: The truth about AI from the people building it

Architects of Intelligence: The truth about AI from the people building it (English Edition)

Architects of Intelligence: The truth about AI from the people building it (English Edition)

ダン・ライオンズ(Daniel Lyons)『Lab Rats: Why Modern Work Makes People Miserable』

著者の公式サイト。この人の前作は原書が出たときにブログで紹介しているが、思わぬ大ヒットとなり、邦訳『スタートアップ・バブル 愚かな投資家と幼稚な起業家』(asin:4062205882)も出た。

その勢いを受けて、現在のテック系スタートアップの価値観をぶった切る新刊ということで、カタパルトスープレックスの評を見る限り結構まともそうだが、著者はブライトバート・ニュースへの関与が報道されたりしていて、ちょっと大丈夫かねと思うところもある。

Lab Rats: Why Modern Work Makes People Miserable

Lab Rats: Why Modern Work Makes People Miserable

Lab Rats: How Silicon Valley Made Work Miserable for the Rest of Us (English Edition)

Lab Rats: How Silicon Valley Made Work Miserable for the Rest of Us (English Edition)

マリアナ・マッツカート(Mariana Mazzucato)『The Value of Everything: Making and Taking in the Global Economy』

著者によるサポートページ。資本主義再考というコンセプトもそうだが、本書における「経済活動における価値の変遷」というのも今どきなテーマに思えますね。

The Value of Everything: Making and Taking in the Global Economy

The Value of Everything: Making and Taking in the Global Economy

The Value of Everything: Making and Taking in the Global Economy (English Edition)

The Value of Everything: Making and Taking in the Global Economy (English Edition)

Jimmy Song『Programming Bitcoin: Learn How to Program Bitcoin from Scratch』

書籍の公式サイト。スクラッチからビットコインをプログラムして理解するというコンセプトはうまいと思うし、あとはオライリー・ジャパンから邦訳が出るのを待ちましょう。

Programming Bitcoin: Learn How to Program Bitcoin from Scratch

Programming Bitcoin: Learn How to Program Bitcoin from Scratch

Programming Bitcoin: Learn How to Program Bitcoin from Scratch (English Edition)

Programming Bitcoin: Learn How to Program Bitcoin from Scratch (English Edition)

ロジャー・マクナミー(Roger McNamee)『Zucked: Waking Up to the Facebook Catastrophe』

Facebook 批判本の一つの決定版と言えるし、著者がその初期の投資家であるというのも示唆的である。そして、この著者は、マーク・ザッカーバーグ個人の資質を批判するのでなく、テック系大企業のビジネスモデルそのものが問題の根源であると喝破しており、これはそのビジネスモデルがアメリカのデモクラシーを蝕んでいるという認識にまでつながっている。

ZUCKED (EXP)

ZUCKED (EXP)

Zucked: Waking Up to the Facebook Catastrophe (English Edition)

Zucked: Waking Up to the Facebook Catastrophe (English Edition)

Susan Crawford『Fiber: The Coming Tech Revolution―and Why America Might Miss It』

スーザン・クロフォード先生の本が未だ邦訳が出ないというのも不思議な気がするが、今回もちょっと日本の読者にはピンとこない主題かもしれないのがつらいところ。でも、無縁な話じゃ実はないんだけどね。

Fiber: The Coming Tech Revolution―and Why America Might Miss It

Fiber: The Coming Tech Revolution―and Why America Might Miss It

Joseph M. Reagle Jr.『Hacking Life: Systematized Living and Its Discontents』

彼の本はいつもワタシのインスピレーションになってきたし、今回もメタライフハック本とは面白いと思うのだが、邦訳が出るかというと難しいだろうねぇ。

Hacking Life: Systematized Living and Its Discontents (Strong Ideas)

Hacking Life: Systematized Living and Its Discontents (Strong Ideas)

Hacking Life: Systematized Living and Its Discontents (Strong Ideas) (English Edition)

Hacking Life: Systematized Living and Its Discontents (Strong Ideas) (English Edition)

Mike Monteiro『Ruined by Design: How Designers Destroyed the World, and What We Can Do to Fix It』

書籍の公式サイト。「デザイン」を主題とする、とても挑発的で面白い内容を含む本になっている。こういう本の邦訳が出ると面白いと思うわけである。

Ruined by Design: How Designers Destroyed the World, and What We Can Do to Fix It

Ruined by Design: How Designers Destroyed the World, and What We Can Do to Fix It

Robert HilburnPaul Simon: The Life』

著者は音楽評論家にしてミュージシャンの伝記本を多く手掛けており、ジョニー・キャッシュの伝記本は、辛口批評で知られるかのミチコ・カクタニがその年のトップ10に入れたほどである。ポール・サイモンの決定的な伝記本と言える本書については、スティーヴン・キングが「優れた才能のあるアーティストの創造性の成長に微妙な光を投じるめったにない本」と称賛している。

すごいのは、この著者が実はポール・サイモンよりも年上なこと。80歳近くでそれだけの本を書けるなんて脱帽である。とにかく、ポール・サイモンの決定的な伝記本なんだから、邦訳が出なきゃいかんでしょう。

Paul Simon: The Life

Paul Simon: The Life

Paul Simon: The Life (English Edition)

Paul Simon: The Life (English Edition)

Eric A. Posner、E. Glen Weyl『Radical Markets: Uprooting Capitalism and Democracy for a Just Society』

本書の共著者のグレン・ワイルの名前を知ったのは、「平等を実現するラディカルな方法:WIRED ICONが選ぶ「次」の先駆者たち(9)」という記事で、「権力の集中を打ち壊し、みんなに平等なリソースと影響力を与えることについて書いてある」という本書に興味を持ったのだが、もう一人の共著者がエリック・ポズナーというのにおっとなった。

彼の苗字にピンときた人もいるだろうが、著名な法学者であるリチャード・アレン・ポズナーの息子さんですね。

意外なことに、エリック・ポズナーの本はこれまで『法と社会規範―制度と文化の経済分析』(asin:4833223317)くらいしか邦訳がないようで、彼らが書いた「資産の独占化」の打破を訴えるラディカルな本となれば、先物買い的に邦訳が出ると面白いと思うがいかがだろう。

Radical Markets: Uprooting Capitalism and Democracy for a Just Society

Radical Markets: Uprooting Capitalism and Democracy for a Just Society

Radical Markets: Uprooting Capitalism and Democracy for a Just Society (English Edition)

Radical Markets: Uprooting Capitalism and Democracy for a Just Society (English Edition)

Meredith Broussard『Artificial Unintelligence: How Computers Misunderstand the World』

著者の公式サイト。著者はデータジャーナリズムを専門とするニューヨーク大学の教授である。そうしたジャーナリズム分野における人工知能の役割について研究する著者による「いかにコンピュータは世界を誤解するか」という本は、ある種の解毒薬として求められるものだろうし、『Artificial Unintelligence』という書名自体キャッチ―だよね。

Artificial Unintelligence: How Computers Misunderstand the World (The MIT Press)

Artificial Unintelligence: How Computers Misunderstand the World (The MIT Press)

Artificial Unintelligence: How Computers Misunderstand the World (The MIT Press) (English Edition)

Artificial Unintelligence: How Computers Misunderstand the World (The MIT Press) (English Edition)

ハンナ・フライ(Hannah Fry)『Hello World: How to be Human in the Age of the Machine』

著者の公式サイト。著者はイギリス人の数学者だが、のちに『恋愛を数学する』(asin:4255009856)として書籍化される TED 講演で知る人が多いだろう。

新刊はやはりデータとアルゴリズムをテーマにしているが、「機械の時代に人間である方法」という副題は、AI 時代に合ったものではないだろうか。

Hello World: How  to be Human in the Age of the Machine

Hello World: How to be Human in the Age of the Machine

Hello World: How  to be Human in the Age of the Machine (English Edition)

Hello World: How to be Human in the Age of the Machine (English Edition)

Anand Giridharadas『The Elite Charade of Changing the World』

著者はインド系移民の2世で、ニューヨーク・タイムズのコラムニストを務めながら書籍を執筆しているが、前著刊行後に行った TED 講演が NHK の「スーパープレゼンテーション」で放送されたことで記憶している人もいるかもしれない。

新刊のテーマ的には、2016年に行った TED 講演の内容が近い。


これはこの変革の時代の勝者から敗者、あるいは敗者と感じている者へ向けた手紙です。そこでは痛みが怒りに変わるまで無視してきたことが告白されています。そして無関心なエリートが実体のない世界を救うために描く理想郷や未来志向をたしなめています。それは地球にいる人々を救おうとせず、火星に人々を移住させることに気を病むといったことです。

アナンド・ギリダラダス: この時代に行き場を無くした者たちへの手紙 | TED Talk

書名にある「勝者総取り:世界を変えるエリートの言い訳」といったフレーズからも著者の立場は明らかである。

この本は、米国のいわゆる「エリート階級」が、いかに権力と富を維持強化するために制度を利用していながら、慈善活動によって「世界を変える」と人助けをしているとうそぶいてきたかを検証しています。

Democracy Now!

本書もベストセラーとなっているが、ジョセフ・E・スティグリッツビル・ゲイツが推薦の言葉を寄せている。

Winners Take All: The Elite Charade of Changing the World

Winners Take All: The Elite Charade of Changing the World

Winners Take All: The Elite Charade of Changing the World (English Edition)

Winners Take All: The Elite Charade of Changing the World (English Edition)

さて、ここからはまだ刊行されていない本を取り上げさせてもらう。

スコット・ギャロウェイ(Scott Galloway)『The Algebra of Happiness: Notes on the Pursuit of Success, Love, and Meaning』

『The Four GAFA 四騎士が創り変えた世界』(asin:4492503021)が日本でも大ヒットし、今では GAFA なる呼称をニュースサイトで見かけない日がないくらいだが、そのスコット・ギャロウェイの新刊がもうすぐ出る。

のだが、これが前作の延長線上にあるビジネス書なら間違いなく邦訳も出るはずだが、「幸福の代数学」という書名からもうかがえるし、Derek Sivers あたりが推薦の言葉を寄せていることからも分かる通り、自己啓発本の路線らしいのが難しいところ。

詳しくは書籍の公式サイトをどうぞ。

THE ALGEBRA OF HAPPINESS

THE ALGEBRA OF HAPPINESS

The Algebra of Happiness: Notes on the Pursuit of Success, Love, and Meaning (English Edition)

The Algebra of Happiness: Notes on the Pursuit of Success, Love, and Meaning (English Edition)

ジョン・ブロックマンJohn Brockman)『The Last Unknowns: Deep, Elegant, Profound Unanswered Questions About the Universe, the Mind, the Future of Civilization, and the Meaning of Life』

著者は出版エージェントが本職であるが、プレWWW時代の梁山泊エッジ財団(Edge.org)の創始者にして多数の著作を持つ人である。彼の経歴については、21世紀ラジオ (Radio@21) の「奇跡のインタビュアー ジョン・ブロックマン」あたりを読むのがいいと思う。

『33人のサイバーエリート』(asin:4756117929)、『2000年間で最大の発明は何か』(asin:4794209363)、『キュリアス・マインド』(asin:4344014596)など邦訳されている著書も多いし、彼の最近のキュレーターとしての仕事では『知のトップランナー149人の美しいセオリー』(asin:4791768329)あたりが知られているかな。

その彼の『最後の未知:宇宙、精神、文明の未来、人生の意味についての深遠かつエレガントな未だ答えられていない問い』という書名の本を出すんだから面白そうじゃないの。ダニエル・カーネマンが序文を書いてるみたいね。

The Last Unknowns: Deep, Elegant, Profound Unanswered Questions About the Universe, the Mind, the Future of Civilization, and the Meaning of Life

The Last Unknowns: Deep, Elegant, Profound Unanswered Questions About the Universe, the Mind, the Future of Civilization, and the Meaning of Life

ランドール・マンロー(Randall Munroe)『How To: Absurd Scientific Advice for Common Real-World Problems』

xkcd でおなじみ……というか、日本では『ホワット・イフ?:野球のボールを光速で投げたらどうなるか』(asin:4152095458)や『ホワット・イズ・ディス?:むずかしいことをシンプルに言ってみた』(asin:4152096543)の著者として知られているかもしれないランドール・マンローの新刊は、「現実世界のありふれた問題に対する不条理な科学的アドバイス」をテーマにしているようで、これも面白そうなので来年あたり邦訳出るでしょうね。

How To: Absurd Scientific Advice for Common Real-World Problems

How To: Absurd Scientific Advice for Common Real-World Problems

How To: Absurd Scientific Advice for Common Real-World Problems

How To: Absurd Scientific Advice for Common Real-World Problems

ニール・ヤング、Phil Baker『To Feel the Music: A Songwriter's Mission to Save High-Quality Audio』

ニール・ヤングが mp3 などのデジタル時代の音源の音質について強い不満を持ち、Neil Young Archives においてそのキャリアを総括しながら、高音質のサウンドを提供するために Pono というデジタル音楽サービスまで立ち上げたことは知られるが、そのあたりについてのニール・ヤングの考えが綴られたものみたい。

個人的にニール・ヤングの衰えない創作欲にも高音質へのこだわりにも敬意を払っているが、一方でニール・ヤングの客層ってそれほど音質にこだわっているかなというのが少し疑問だったので、本書の邦訳が出て、そのあたりの認識を改められればと思う。

To Feel the Music: A Songwriter's Mission to Save High-Quality Audio

To Feel the Music: A Songwriter's Mission to Save High-Quality Audio

To Feel the Music: A Songwriter's Mission to Save High-Quality Audio (English Edition)

To Feel the Music: A Songwriter's Mission to Save High-Quality Audio (English Edition)

ベン・ホロウィッツ(Ben Horowitz)『What You Do Is Who You Are: How to Create Your Business Culture』

Andreessen Horowitz の共同創業者にして、日本でも『HARD THINGS 答えがない難問と困難にきみはどう立ち向かうか』(asin:4822250857)が大絶賛されたベン・ホロウィッツの新刊は企業文化をいかに創り、維持するかをテーマにしているようで、これも邦訳出るでしょうな。

What You Do Is Who You Are: How to Create Your Business Culture

What You Do Is Who You Are: How to Create Your Business Culture

What You Do Is Who You Are: How to Create Your Business Culture (English Edition)

What You Do Is Who You Are: How to Create Your Business Culture (English Edition)

Rana Foroohar『Don't Be Evil: How Big Tech Betrayed Its Founding Principles--and All of US』

著者の公式サイト。著者は CNN の世界経済アナリストにして Financial Times のコラムニストで、彼女のコラムは日本経済新聞のサイトで読める。

その著者の新刊だが、表紙を見ただけでニヤリしてしまうだろう。もちろん書名は Google のかつての非公式社是であり、表紙の色遣いも Google を意識しているのは言うまでもない。

それで「いかにテック大企業は、その創業理念――と我々皆――を裏切ったか」という副題はいかにも皮肉だが、GAFA に代表されるプラットフォーム企業を批判する本は、今回のリストでもいくつもあるが、その創業理念から読み解くというのは面白い試みかもしれない。

Don't Be Evil: How Big Tech Betrayed Its Founding Principles -- and All of Us

Don't Be Evil: How Big Tech Betrayed Its Founding Principles -- and All of Us

マイケル・ペイリン『North Korea Journal』

久方ぶりに『スターリンの葬送狂騒曲』でコメディ俳優としての仕事をしてくれたモンティ・パイソンマイケル・ペイリンだが、この30年は旅行番組のプレゼンター、並びにそれを基にした本の執筆が本業になっている。

昨年の南北首脳会談にあわせた北朝鮮旅行をテレビ番組「発見!北朝鮮の歩き方」にすると同時にいつものように本にもしているのだが、これが発売になる今年の秋ごろ、北朝鮮はいったいどうなってるでしょうな。

いずれにしても、マイケルが旅行番組を作ると、そこを旅行する人が多くなるという "Palin Effect" は、北朝鮮には起こらない気がするが。

North Korea Journal

North Korea Journal

North Korea Journal (English Edition)

North Korea Journal (English Edition)

さて、ゴールデンウィークも終わりである。ワタシ自身は、連休が始まる前にこれはやろう、当然できるだろと思っていたことが何一つできていないのに情けない気持ちになるが、皆さんはいかがだろうか。

それでは皆さん、ごきげんよう。さようなら。

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2019 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)