当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

Bitcoinの金鉱はそのプロトコルにあり(様々な応用例)

2011年の最初の熱狂のピーク以降、いろいろ問題を指摘されつつ、最近も「2万ドルのBitcoin用ATM、RoboCoin、予約受付開始」など話題に事欠かない仮想通貨 Bitcoin だが、Bitcoin の重要性はそのプロトコルにあり、という記事である。

なるほど、P2P ネットワークを構成する暗号プロトコルとして考えた場合、仮想通貨以外にもいろいろな用途に使える可能性があるようで、このあたり BitTorrent プロトコルに近いのかも。この文章では以下の例が挙げられている。

  1. Bitmessage:暗号化 P2P 通信
  2. ZerocoinBitcoin プロトコルを完全な匿名通貨トランザクションを実現すべく拡張
  3. Gliph:暗号化モバイル通信

日本にいると分かりにくいが、Bitcoin をテーマにしたカンファレンスがぼちぼち開かれているようで、今月も The European Bitcoin Conventionアムステルダムで開催されるようだ。

ネタ元は O'Reilly Radar

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2019 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)