当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

1880年代のアメリカには8000もの時間帯が存在した!? スティーブン・ジョンソンのテレビ番組と新刊、そして邦訳

日本でも『創発』や『感染地図』の邦訳で知られるサイエンスライターのスティーブン・ジョンソンが PBS で「How We Got to Now」という6回シリーズのテレビ番組を10月にやるそうな。

現在その予告編が公開されているが、1880年代のアメリカ合衆国には8000もの時間帯があったという話は面白い。一つの州で数十の時間帯が存在するところもあったとな!


もちろん時間帯についての番組ではなく、番組の主題は優れたアイデアイノベーションのようで、『イノベーションのアイデアを生み出す七つの法則』(asin:4822285170)に続く本なのかな。

このテレビシリーズが放送される少し前に同タイトルの新刊も出る予定。

How We Got to Now: Six Innovations that Made the Modern World

How We Got to Now: Six Innovations that Made the Modern World

How We Got to Now

How We Got to Now

How We Got to Now: Six Innovations That Made the Modern World (English Edition)

How We Got to Now: Six Innovations That Made the Modern World (English Edition)

今回このエントリを書くために調べていたら、来月彼の前作の邦訳が出るのを知った。しばらく彼の本の邦訳が出ない時期があって他人事ながら心配したが、その状況は二年続けて邦訳が出ることで打開されたようだ。

ピア: ネットワークの縁から未来をデザインする方法

ピア: ネットワークの縁から未来をデザインする方法

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2021 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)