当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

データサイエンティストの年収の中央値は1100万円を超える!(米国に限れば1700万円を超える!!)

データサイエンスという言葉がもてはやされる一方で、気の早い人はデータサイエンスは死んだなんて言っちゃう人もいるわけだが、そもそもデータサイエンスは金になるのだろうか。それに従事するデータサイエンティストは賞味の話、どれくらい稼いでいるのだろうか?

その誰でも知りたがっているくせにちょっと聞きにくい話題について、オライリー2014 Data Science Salary Survey という直球なレポートを公開しており、無料でダウンロードできる。

実に53カ国、アメリカでは41の州に住む、合計800人を超える人からの回答から作られたレポートで、もうタイトルでネタバレをしてしまっているが、データサイエンティストの年収の中央値は98,000ドル、米国からの回答者に限れば144,000ドルとのことで、単純に1ドル120円で計算すると、それぞれ1176万円と1728万円やで! ワオ!

まぁ、もちろん楽な稼業であるわけではなく、求められるハードルは高いし、データ分析に関する技術もどんどん変化しているだろうからその対応も大変なのだとは思うが。

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2021 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)