当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

チャールストン銃乱射事件の告別式で「アメイジング・グレイス」を歌ったオバマ大統領

チャールストンで起きた銃乱射事件はアメリカにおける人種差別問題を改めて浮き彫りにしたわけだが、被害者の告別式でオバマ大統領が「アメイジング・グレイス」を歌う映像が報じられている。

就任中議会との対立をずっと余儀なくされ、大統領としての業績については議論があるだろうが、一貫してこういうところはかっこいい姿を見せてくれたように思う。

ただし Boing Boing では Xeni Jardin が、この「アメイジング・グレイス」の歌詞を作ったジョン・ニュートンが、かつてイギリスの奴隷商人だったという皮肉をチクリとやっている。

アメイジング・グレイス」とオバマ大統領の関連で言うと、彼の就任式で歌ったアレサ・フランクリンもこの曲をタイトルに冠したアルバムを出しており、これはゴスペル歌手としてのアレサの代表作である。

その歌詞をかつて奴隷商人だった男が書いたものだろうが、「アメイジング・グレイス」は優れた楽曲なのである。

Amazing Grace: The Complete Recordings

Amazing Grace: The Complete Recordings

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2022 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)