当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

アルバムについて本を書く「33 1/3シリーズ」が100冊を超えていた

一人の著者が一枚のアルバムについて一冊の本を書く Bloomsbury Publishing の企画33 1/3 シリーズ(言うまでもないが、このシリーズ名は、LP レコードの回転数から採られている)が、気がつくと100冊を超えていた。2003年に始まって、10年あまりでの達成とな。

そのリストを見るとなんというか名盤100枚リスト状態なのだが、非常に変わったところでは、今年出た106枚目に近藤浩治の「スーパーマリオブラザーズ」が選ばれている。

だいたいミュージシャンや音楽評論家などが執筆しているのだが、書き手で最も有名なのは、トーキング・ヘッズの『Fear of Music』について書いたジョナサン・レセムだろう(ワタシ自身、彼が書くというのを伝えるブログ記事でこのシリーズを知った)。

Wikipedia ページを見ると、これから先も10冊以上書かれることが決まっているようだ。何冊まで行くのだろう。

さすがにこのシリーズの邦訳は無理だろうが、レセムの本くらい出ないもんかな。

Super Mario Bros (33 1/3)

Super Mario Bros (33 1/3)

Fear of Music (33 1/3)

Fear of Music (33 1/3)

[追記]:ぶくまを読んで気付いたが、『ペット・サウンズ』を村上春樹が訳してたね。

ペット・サウンズ (新潮文庫)

ペット・サウンズ (新潮文庫)

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2020 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)