当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

アメリカにおいて講演料が1回5万ドルをこえるのは誰か?

ヒラリー・クリントンがゴールマン・サックスやモルガン・スタンレーで講演をしたときに22万5千ドルもの謝礼をもらったことが、大統領選挙で他の候補からの攻撃材料に使われたが、著名人の講演料のギャラ別リストがなぜか公開されている。

このリストの中で、もっともレベルが高い1回5万ドル(500万円超え!)以上をとるメンツを見ると、くだんのヒラリー・クリントンや、やはり大統領候補のドナルド・トランプはもちろんこの枠に入っている(ちなみにお互いの配偶者もこのクラス)。

他にはワタシのブログ的になじみがある人を探すと、マルコム・グラッドウェル、スティーブ・ウォズニアックマイク・タイソンレイ・カーツワイルといったところに加え、我らがジョン・クリーズ先生も5万ドルクラブなんですな。

他にも3万ドルから5万ドルのクラス、2万ドルから3万ドルのクラス、1万ドルから2万ドルのクラスと割と細かく分けられているので、セレブを講演に呼びたい方は参考になされてはいかがだろう。もちろんそれだけの金銭的余裕があれば、だが。

ネタ元は Hacker News

パブリックスピーカーの告白 ―効果的な講演、プレゼンテーション、講義への心構えと話し方

パブリックスピーカーの告白 ―効果的な講演、プレゼンテーション、講義への心構えと話し方

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2022 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)