当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

史上最高のスポーツドキュメンタリー50選

kottke.org 経由で知った Axios のページだが、史上最高のスポーツドキュメンタリーを50本選んでいる。

もちろんアメリカ視点であり、スポーツドキュメンタリーとなると日本ではなじみのない作品も多いが、トップ10ともなるとさすがに知った作品が多い。

  1. ティーブ・ジェームズ『フープ・ドリームス』(asin:B000K7VIOU
  2. エズラ・エデルマン『O.J.: Made in America』
  3. ジェイソン・ヘーヒル『マイケル・ジョーダン: ラストダンス』
  4. レオン・ギャスト『モハメド・アリ かけがえのない日々』(asin:B000A16QIE
  5. ブライアン・フォーゲル『イカロス』
  6. アシフ・カパディア『アイルトン・セナ 音速の彼方へ』(asin:B006QJT578
  7. ケン・バーンズ『シリーズ:野球』
  8. ダニエル・ゴードン『ヒルズボロの悲劇
  9. ブルース・ブラウン『エンドレス・サマー』(asin:B00J7XXXIC
  10. エリザベス・チャイ・ヴァサルヘリィ『フリーソロ』(asin:B07YXZXF4Y

ここでも Netflix 配信作品が2本入っている。ワタシはいずれも観れてないんだよなー。2位の O.J. のは WIRED.jp の記事を読んで観たくなったが、日本で放映されたっけ?(というか、これスポーツドキュメンタリーなのか?) この中でちゃんと観たことがあるのは、ワタシの場合『モハメド・アリ かけがえのない日々』だけである。

そうそう、今月15日に BS プレミアムで『フリーソロ』が放送されるので、録画して観よう。

日本に関する作品となると、20位に市川崑東京オリンピック』が入っている。4K リマスター版 Blu-ray が来月発売になりますね。

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2020 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)