当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

『ユリイカ』2011年2月号特集「ソーシャルネットワークの現在」を読んだ

『ユリイカ』2011年2月号の特集が「ソーシャルネットワークの現在」とのことで、2008年9月号の太宰治と坂口安吾の特集のとき以来、久しぶりに買ったぜ。

冒頭の小林弘人×濱野智史対談はいろいろ腑に落ちたが、少し違和感を覚えるところもあり、そこらへんをおいおい文章にできたらいいのだけど。あと濱野さんの痩せぶりは、『モテキ』藤本幸世のリアル版……は大げさだけど羨ましいな。

速水健朗さん(id:gotanda6)のユニークなインタフェース論、池田純一さんの映画『ソーシャル・ネットワーク』評も面白かった。特に後者は、創造性を特定個人の才能に基づく creativity とみるハリウッドは、ジョナサン・ジットレインが言うところの generativity としてのシリコンバレーの創造性を取り違えているという論旨は、あの映画に対する批判として納得いくものだった。

個人的にはさやわかさんの DOMMUNE 論、今井普さんの Pitchfork 論が、自分が追えてない話だけにとてもありがたかった。が、後者に関しては、今回の特集とは別の枠組において、もっと長い分量で読みたかったな。

以下余談だが、加野瀬未友さん(id:kanose)の黒船ネットサービス論で紹介されている大向一輝さん(id:i2k)の「昼のWeblog、夜のWeblog」論は今読んでも名文である。大向さんとは2008年秋にある宴席で御一緒したことがあり、それは SF 関係者の集まりだったので、ワタシの仕事を知っている大向さんを訝しく思ったものだ。失礼ながら当時ワタシは大向さんの名前を存じず、glucose の名前を出されて、ああ、あれを作られてる方かと認識したわけだが、それから結構経って氏が件の文章を書いたことに気付き、仰天したのを覚えている。

ワタシ自身は、この12年ばかりずっと夜だったわけだが。Alone in the dark.

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2022 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)