当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

『Founders at Work 33のスタートアップストーリー』からの名言引用(その4)

Jessica Livingston『Founders at Work 33のスタートアップストーリー』から興味をひく発言を引用するシリーズの4回目である。

まわりの人々は、プログラマがプロであってほしいなどとは思いません。プログラマは安い存在でいてほしいのです。プログラマにはCやJavaのように効率の悪いツールを使わせておきたいし、インドで雇ってできる限り安く買いたたきたいのです。しかし、マネージャたちがプログラマに対してこのような悪意を持つ一因は、プロになったことのないプログラマ自身にあると思います。

これは ArsDigita の創業者であるフィリップ・グリーンスパンPhilip Greenspun)の発言である。

『Founders at Work』は、大げさに言えばギークによる世界征服をもくろむ Y Combinatorジェシカ・リヴィングストンの本だから、基本的に技術系スタートアップとそれを始めるギークを礼賛する本である。

上に引用した発言は、その中でほぼ唯一そうしたギーク層に牙を剥くもので、上記の基調の本だけに切実さというか鋭さを感じた。プログラマはこのことを折に触れ自省しないといけないね。

Founders at Work 33のスタートアップストーリー

Founders at Work 33のスタートアップストーリー

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2022 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)