当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

アルゴ

アルゴブルーレイ&DVD (2枚組)(初回限定版) [Blu-ray]

アルゴブルーレイ&DVD (2枚組)(初回限定版) [Blu-ray]

『ザ・タウン』がなかなか良かったので、映画館で観ることに決めていたベン・アフレック監督・主演作だが、本作もハラハラさせる快作だった。

本作は1979年のイランアメリカ大使館人質事件を題材にした事実に基づく映画である。これが占拠されたアメリカ大使館を脱してカナダ大使の邸宅に逃げ込んだ6人のアメリカ人外交官を、架空のSF映画をでっち上げてそのスタッフに身分偽装させることで国外脱出させるという奇想天外な話で、この時点で成功は約束されたようなものだ。

実際ベン・アフレックはよくやっていて、カメラの回し方など『ザ・タウン』に共通するものを感じたし、エンドロールで本作の登場人物の実際の写真が出るが、それを見るとキャスティングもちゃんと考えられてることが分かる。

ただ個人的には期待値が高すぎたようで、それには及ばなかったところもある。映画としての興奮的には『ザ・タウン』のほうが上だった。まぁ、それは当たり前のことで、この映画においてドンパチなんてありえないのだ。ベン・アフレック演じるCIA職員にしても、基本的にはできるだけのことをして後は運を天命に任せるより他ない。

それにこの映画のストーリー自体、隣国のイラクもそうだが、アメリカの身勝手な政策の結果起きた自業自得な話でしょ? と思ってしまうからというのもある。子供たちがつぶらな瞳でシュレッダーにかけられた書類を一切れ一切れ復元して、大使館から逃げた人間を突き止める場面は怖かったねぇ。

ただそれであっても、仕事の性質上脚光を浴びることができないとわかった上で最善を尽くし、この手の映画でお決まりと言える上から中止命令がかかった後のアフレックと、彼の決断を知って動くアメリカの彼の上司がかっこいいんだな。

あと映画界においてアフレックに協力するプロデューサー役をアラン・アーキンが貫禄たっぷりに演じていたが、何よりジョン・グッドマン! 最近彼を映画であまり観てなかったので、彼の元気な姿を見れてよかった。本作は架空の映画をでっちあげ(各自がその役を演じ)ることが重要なファクターなのだけど、映画というもの自体作り物であって無から有をでっちあげるものであり、そうした意味で本作は映画とはどういうものかという物語論としても観ることができるし、何よりアーキンやグッドマンの皮肉交じりの台詞が面白かった。

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2020 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)