当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

アカデミー賞のコマーシャルで思い出した加藤久仁生と「ミスター・ロボット」

もうすぐアカデミー賞ということで、アカデミー賞YouTube 公式チャンネルでそのテレビコマーシャル(多分)がいくつか公開されている。

このコマーシャルは、英語圏以外の人も多くオスカーを受賞しているという多様性アピールだろうか。

最後あたり日本人が「どうもありがとう、ミスター・ロボット」と言い出してびっくりしたが、そうそう、あったね。加藤久仁生が『つみきのいえ』が短編アニメーション賞をとったときのスピーチですな。

これはスティクスの代表的なヒット曲「ミスター・ロボット」の一節の引用だが、加藤久仁生が所属する映像制作会社 ROBOT にかけたものだったのね。

これが1983年のヒット曲だが、80年代ぶいぶい言わせていた日本人がアメリカ人にどう見えていたかの一断面を示しているともいえる。

あとアカデミー賞YouTube 公式チャンネルでは、宮崎駿アカデミー賞名誉賞でのスピーチの動画も公開されてたんだね。

つみきのいえ (pieces of love Vol.1) [DVD]

つみきのいえ (pieces of love Vol.1) [DVD]

KILROY WAS HERE

KILROY WAS HERE

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2022 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)