当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

ラスベガスをやっつけろ

DVDジャケット

さて、ハンター・トンプソンが自殺してしまった。彼と彼の仕事について網羅的に書かれた文章となると『ラスベガス★71』の多忙性饒舌症な訳者あとがきあたりだろうか。個人的には、彼の自殺報道に関して、ゴンゾー・ジャーナリズムを「際物報道」と訳しているところがあったのが何だか受けた。あと「ゴンゾー(ならず者)ジャーナリズム」という表記とか。

本作はその彼の代表作『ラスベガス★71』(原題:Fear and Loathing in Las Vegas)のテリー・ギリアムによる映画化である。

スカッとするような映画を期待すると、思いっきり失望すること請け合いである。ただそれならじめじめした陰鬱な映画かというとそんなことはまったくない。この映画が本質的に不快なのは、主要な登場人物の誰にも感情移入できないからである。しかも物語の構造上そうなってしまうというのでなく、主人公達のジャンキーらしい身勝手さによるものだから。

しかしそれは当然テリー・ギリアムの意図したものであり、彼の長年のファンとしては、モンティ・パイソンのアニメ時代のナンセンスと『未来世紀ブラジル』以来久方ぶりに辛辣さが戻っているのが嬉しかったが、『未来世紀ブラジル』のようにそれがファンタジーと渾然となって力を発揮するようなところに欠ける。それでもこの映画における冗談のように荒廃した部屋やジャンキーの感覚の再現はかなり見事だと思うよ(もっとも後者の妥当性に関してはワタシには判断できないわけだが)。岸田裁月さんが書くように、

 観れば観るほど新しい発見があり、学ぶところも大きくなる。噛めば噛むほど味が出る「都こんぶ」のような映画なのだ。本作が10年後、大傑作として世に受け入れられることは、まず間違いないだろう。

という言葉はあながちウソではない。でも、観る人によってはかなり不快なので、何度も観るのがつらいのも確か(笑)

何より主役二人を演じるジョニー・デップベニチオ・デル・トロの極端な役作りがとんでもないし、トビー・マグワイアクリスティナ・リッチエレン・バーキンといった有名どころが実に美しくない感じで登場し、主人公達にひどい目に遭わされるというのがなんとも。

WikipediaHunter S. Thompson ページによるとデップとトロ様が同じくトンプソンの小説の映画化で再度タッグを組む(トロが監督?)という話があるようだが、原作者の死はそれにどういう影響を与えるだろうか。

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2021 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)