当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

2013年にオライリーから出るデータサイエンス本まとめ

今年はじめの時点で無料で読めるデータサイエンスの本はたくさんあったわけだが、ちょっと調べ物をしていて、今年オライリー本家が「データサイエンス」をタイトルに冠した本を三冊出す(予定な)のに気付いた。

しかも、そのうちの二冊は来月刊行なのね。

Data Science for Business: What You Need to Know about Data Mining and Data-Analytic Thinking

Data Science for Business: What You Need to Know about Data Mining and Data-Analytic Thinking

Agile Data Science: Building Data Analytics Applications with Hadoop

Agile Data Science: Building Data Analytics Applications with Hadoop

Doing Data Science: Straight Talk from the Frontline

Doing Data Science: Straight Talk from the Frontline

しかしなぁ、まだちゃんと文献を読んでないのがバレてしまうが、ワタシ自身「データサイエンス」という言葉自体ピンとこんのよね。気の早い人はビッグデータは死んだとか既に言ってるわけだけど、こっちはまだ「データサイエンス」が何かすら実感できていないという。

来年これらのデータサイエンス本の邦訳がぼちぼち出るのだろうが、それまではとりあえず(タイトルにぎゃふんとなった)『バッドデータハンドブック』を読んでおくのがよさそうだ。

ちょうどオライリー・ジャパンのアンジェラ高さんから献本いただいたのでひとまず宣伝しておく。

バッドデータハンドブック ―データにまつわる問題への19の処方箋

バッドデータハンドブック ―データにまつわる問題への19の処方箋

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2022 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)