当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

ビットコイン歴史解説本の著者が推測するビットコインの作者サトシ・ナカモトの正体とは

こないだ「ビットコインにいたるデジタル通貨の一般向け歴史解説書の決定版か『Digital Gold』」というエントリを書いたが、その著者の Nathaniel Popper が本の執筆過程を通じて得られた情報から、Bitcoin の作者である中本哲史の正体を推測している。

さて、それが誰かを知りたい人は原文を読んでくだされ……と書くと怒られそうなので結論を書くと、Nick SzaboWikipedia)だろうというのが Nathaniel Popper の見立てである。

彼は Nick Szabo に Bitcoin 関係のイベントで Nick Szabo に会っており、そのときにもその後のメールのやりとりでも、仕事の相似は偶然であり、自身が中本哲史であることを明確に否定しているのだが、果たして彼の推測は正しいかどうか。

この記事では中本哲史が正体を明かさない理由も書かれているが、誰であれ今後自分がナカモトだと認めることはないだろうし、現在のソフトウェアとしての Bitcoin の開発はその発明者と関係なく進んでゆくのだけど、それでもちょっとは気になるね。

ネタ元は Hacker News

Digital Gold: Bitcoin and the Inside Story of the Misfits and Millionaires Trying to Reinvent Money

Digital Gold: Bitcoin and the Inside Story of the Misfits and Millionaires Trying to Reinvent Money

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2020 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)