当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

2018年にパブリックドメイン入りする作家は誰か

日本の著作権法では、著作者の死後50年が保護期間だったのが、TPP によりアメリカと同じく死後70年になりそう……と思ったら、ドナルド・トランプ大統領誕生によって TPP の枠組みがいったん頓挫し、著作権保護期間延長問題も棚上げになった……と思いきや、実は勝手に70年延長に決まってたらしいというどっちらけ状態で脱力なのだが、それはそれとして、2018年に著作権の保護期間が切れ、パブリックドメイン入りする作家をまとめている。

ロックとオカルトが大好きなワタシ的には、アレイスター・クロウリーの名前におおっとなるが、リストを見ていて、ウィンストン・チャーチルの名前に、ええっ、彼はもう死後70年になるっけ? と驚いた。が、同姓同名のベストセラー作家らしい。そんな人知らなかったよ!

ネタ元は Boing Boing

日本でパブリックドメインといえば青空文庫だが、2018年にパブリックドメイン入りする人のリストを見ると、うーん、今回は正直地味ですね。『二十四の瞳』の壺井栄、「花子とアン」で脚光を浴びた柳原白蓮、あと政治家では吉田茂くらいですかね。

魔術―理論と実践

魔術―理論と実践

二十四の瞳 (角川文庫)

二十四の瞳 (角川文庫)

白蓮自叙伝 荊棘の実

白蓮自叙伝 荊棘の実

日本を決定した百年―附・思出す侭 (中公文庫)

日本を決定した百年―附・思出す侭 (中公文庫)

[2017年12月31日追記]:ぶくまコメントで気づいたのだが、2018年は山本周五郎という大物がいましたね。失礼しました。

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2020 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)