当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

キャシー・オニールが起業したアルゴリズムの偏見を検証する第三者監査会社は注目だし、彼女の本の邦訳も出るぞ!

これは『もうすぐ絶滅するという開かれたウェブについて 続・情報共有の未来』的にも非常に注目すべきニュースである。

ワタシは「もうすぐ絶滅するという開かれたウェブについて」「我々は信頼に足るアルゴリズムを見極められるのか?」において、「食料品や医薬品について検査や取り締まりを行う食品医薬品局(FDA)にあたる監視組織をアルゴリズムについても設けるべき」というドリース・バイテルトの主張を取り上げつつも、現実には難しいだろうねと書いている。

キャシー・オニールが起業した O'Neil Risk Consulting & Algorithmic Auditing は、そのアルゴリズムの監査に挑戦するものである(これを「AIの偏見を検証する第三者監査会社」というのはミスリードではないか)。これは成功してほしいところ。

さて、邦訳の刊行が期待される洋書を紹介しまくることにする(2017年版)で取り上げたそのキャシー・オニールの本だが、来月『あなたを支配し、社会を破壊する、AI・ビッグデータの罠』として邦訳が出るとな!(邦題にやはり AI の文字があるのが気になるが……)

あなたを支配し、社会を破壊する、AI・ビッグデータの罠

あなたを支配し、社会を破壊する、AI・ビッグデータの罠

これは注目やで。彼女の TED 講演「ビッグデータを盲信する時代に終止符を」を見れば、彼女の主張の大枠が分かるでしょう。

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2019 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)