当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

Facebook内幕暴露本『An Ugly Truth』について日本のメディアで取り上げられる/取り上げられない話題

www.businessinsider.com.au

先月の話題になってしまうが、New York Times の記者2人が書いた Facebook の内幕を描く An Ugly Truth の内容がニュースになった。そこで話題となったのは、つまりは以下のような話である。

この手の話って昔は Google もあって、それが露見して社員のデータへのアクセスが厳しくなったのは有名……と過去形で語ってはいけないのかもしれない。今月になって、Google でもデータの悪用が理由で社員が解雇された話がニュースになっているからだ。

www.vice.com

正直、今の Google でもそれあるのかと思ってしまうが、それだけ普遍的な、誘惑の多い問題なのだろう(日本のテック企業は、さてどうでしょう?)。この手のニュースには前のめりになってしまうが、それはワタシがゲスだからではない(と思いたい)。

しかし、この Facebook 内幕暴露本『An Ugly Truth』について日本のニュースメディアで話題になっているのは、以下のようなシェリル・サンドバーグに関する話ばかりなんですよね。

japan.cnet.com

forbesjapan.com

シェリル・サンドバーグは世界有数のテック企業の COO なんだから、そりゃ彼女に関する話は重要だけど、この本ではもっと報じるべき身近な話題があるんじゃない? とも思ってしまうのよね。まぁ、ワタシの調べが足らないだけの可能性もあるけど。

www.nytimes.com

そんな話題ばかりの本ではないことを示すために、New York Times に掲載された書評もリンクしておこう(執筆者は『インスタグラム:野望の果ての真実』の著者のサラ・フライヤーだ)。この本の刊行に Facebook 側もかなり神経質になってるようだが、それだけいろいろ暴露されている本ということだろう。

この書評にもある通り、ロジャー・マクナミー『Zucked』シヴァ・ヴァイディアナサン『アンチソーシャルメディア』スティーブン・レヴィ『Facebook: The Inside Story』など Facebook 本は事欠かないが、これは邦訳が出るべき本だと思いますね。

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2021 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)