当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

パンチドランク・ラブ

今ではアダム・サンドラーがシリアスな映画に出てもさほど驚くことではないが、この映画に関しては俊英ポール・トーマス・アンダーソンの新作の主演がアダム・サンドラー!? と困惑する空気があったような記憶がある。

ただナイスガイなのだけど、家族からのプレッシャーにキレてしまう幼児性をもった主人公、というキャラクターはアダム・サンドラーにぴったりで、実はおかしなキャスティングではない。

本作はこれまで以上に彼一流の流麗なカメラワークが堪能できるし、特に主人公がキレたりピンチに陥る場面の映像は見事でし、仕掛け画みたいになってるところもよかったね。

ただ、舞台がハワイに移ってからが個人的にちょっとピンとこなくて、総体としては今一歩というのが正直な感想である。

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2022 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)