当ブログは YAMDAS Project の更新履歴ページです。2019年よりはてなブログに移転しました。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS

ジャネル・シェインの新刊が説くAIのキテレツさとブラックボックスなAIの危険性

ジャネル・シェイン(Janelle Shane)というと、やたらと AI にヘンなことをさせてそれが日本語メディアでも記事(参考:ねとらぼGIGAZINEギズモード・ジャパン)になる AI Weirdness の人という印象があるのだが、その彼女が AI についての本を書いたとな。

You Look Like a Thing and I Love You

You Look Like a Thing and I Love You

今の AI の成果ってかなりキテレツなのに過大評価しがちだし、ブラックボックスアルゴリズムに人間の生活に支配されることに警戒しないといけないよねということだが、メレディス・ブルサード『AIには何ができないか』もそうだが、こういう本が出だしたということなんでしょうね。

やはり彼女も TED2019 で著書の内容を要約する講演を行っている(残念ながらこの動画にもまだ日本語字幕が付いていないが)。全体的に話の内容が古いのではないかという疑念が頭をもたげるが、写真からテンチを識別するよう AI に学習させたら人間の指を選択するようになった話など笑ってしまう。

ネタ元は Slashdot

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2019 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)